この記事では、エアコンの処分方法5選から家電リサイクル法の内容や注意点などを解説します。

手軽・簡単にエアコンを処分する際におすすめの不用品回収業者の魅力もご紹介しているので、ご覧ください。

家電リサイクル法の対象になるエアコンは、処分方法に注意が必要です。

安全かつ正しくエアコンを処分できる方法がわかるので、最後まで読み進めてみてください。

エアコンをはじめ家電の処分を検討している人にも役立つ情報です。

エアコンは家電リサイクル法の対象になる

エアコンは家電リサイクル法の対象になる

エアコンを処分する際は、粗大ゴミとして簡単に捨てることができません。

家電リサイクル法の対象品目であり、法律に基づいて正しく処分する必要があります。

家電リサイクル法とは家電のリサイクル促進を目的とした法律で、リサイクル料金と場合によっては収集・運搬料金も支払って処分しなければなりません。

さらにエアコンの場合は、自分で取り外すのはとても危険です。爆発する可能性があるうえ、かなり重さがあります。

そのため、業者に取り外してもらう費用もかかってしまいます。

 

また、エアコンは3月と9月が買い替シーズンですが、これは引越しシーズンと重なるため、エアコンの処分については早めに検討しましょう。

特に関西では引越しの際にエアコンを外すことが多いので、物件を探すときはエアコンの有無をチェックする必要もあります。

引越しなどでエアコンの処分を考えるときは、家電リサイクル法の対象になる品目である点を理解し、正しい方法で処分しつつ、行き先のエアコンの有無も確認することが大切です。

家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分する方法5選

家電リサイクル法に基づいてエアコンを処分する方法5選

家電リサイクル法に基づいて処分する必要があるエアコンですが、具体的にはどのような処分方法があるのでしょうか?

ここでは、エアコンを処分する方法について5つご紹介します。

買い替えの際に家電量販店に処分してもらう

新しくエアコンを買い替える場合は、ヤマダ電機やビッグカメラなどの家電量販店に回収・処分してもらう方法があります。

購入したエアコンを設置してもらうときに古いエアコンを引き取ってもらえるので、手間をかけずに処分できるのが特徴です。

買い替えのときにエアコンを回収してもらう場合は、家電量販店で家電リサイクル券を発行してもらえるので、手間がかかりません。その場でリサイクル料金と、収集・運搬料金を支払いましょう。

その後、家電量販店に依頼された業者が、古いエアコンの回収に来てくれるという流れです。

手軽にエアコンを処分できる方法ですが、リサイクル料金と収集運搬料金に加え、取り外し・取り付け工事費が発生する点には注意が必要です。

購入した店舗に回収してもらう

処分する予定のエアコンを購入した店舗に依頼して、回収してもらう方法もあります。

新しくエアコンを買い替えるときの流れは同じで、リサイクル料金や収集運搬料金、取り外し工事費などは発生します。

エアコンを買い替える予定がない、料金が多少かかっても手間をかけずに処分したいというときは、購入した店舗に回収してもらうと良いでしょう。

自治体の指定引取所に持ち込む

各自治体では、リサイクル家電の引取所として指定している場所があります。

お住まいの地域の指定引取所を調べた後、郵便局で必要事項を記入して家電リサイクル券を購入、支払いします。

その後指定引取所に連絡をして持ち込む日時を確認し、指定された日時にエアコンを持ち込んだら無事に処分完了です。

 

しかし、指定引取所にエアコンを持ち込むのは推奨できません。なぜなら、エアコンは室外機も室内機もとても重たいからです。室内機で10㎏~20㎏ほど、室外機になると30㎏~50㎏ほどもあります。

さらに、自身でエアコンを取り外すのは、爆発する恐れがあるためとても危険です。

業者に外してもらったエアコンを持ち込むことなら安全にでき、運搬料金がかからずに済みますが、やはり重さがネックです。

 

指定取引所を利用する際は、テレビのように持ち運べるものを処分したいときだけにしましょう。

自治体指定の回収業者に依頼する

エアコンは、自治体指定の回収業者に依頼して処分することができます。

事前にお住いの地域の自治体で対応しているかを確認し、処分を依頼してみましょう。

処分するまでの流れは、以下の通りです。

  1. 郵便局で必要事項を記入して家電リサイクル券を購入する
  2. 自治体指定の回収業者に連絡をして、エアコンの回収を依頼する
  3. 回収業者にエアコンを回収に来てくれる

この方法でエアコンを処分する際、家電量販店で回収・処分してもらうときと同じくリサイクル料金や収集運搬料金などが発生します。

事前に郵便局に行って、自身で家電リサイクル券を購入しておかなければなりません

回収業者に問い合わせてから無事回収してもらえるまで、多少時間がかかる点も要注意です。また、取り外しに関しても業者により対応が違うことが考えられます。問い合わせて確認をしてください。

知人に譲る

年式が新しくまだ使えるエアコンなら、知人などに譲って使ってもらう方法があります。

処分するのに料金がかからず、エアコンを求めている人に譲ることができるのでお互いにメリットがあるといえるでしょう。

しかし、エアコンの取り外しと取り付けは業者に依頼しましょう

引越し業者で処分する

引越しの際のエアコン処分を検討しているときは、引越し業者に処分してもらうことができます。

家電などを含めた不用品回収を受け付けている引越し業者に依頼すれば、不要なものもまとめて片付けることができ便利です。

引越しのタイミングでエアコンを処分したい場合は、不用品回収に対応している引越し業者を選んで不用品を回収してもらいましょう。

ただしこの場合、取り外し・取り付けは引っ越し業者が下請けの業者に依頼する形になります。対応や中間マージンなどは必ず事前確認をしてください

不用品回収業者を利用する

エアコンの処分は取り外しにも対応できる不用品回収業者の利用がおすすめです。

最短即日回収に対応している業者も多く、様々な不用品をあっという間に片付けることができます。

エアコンひとつだけの回収はもちろん、引越しや部屋の片付け、エアコンなどの家電も含めた大量の不用品を処分したいときにも最適です。

特に大きくて重さのある不用品や、大量の不用品がある際は、お得な定額プランを利用すると格安で処分できるので助かります。

エアコン処分は、不用品回収業者に相談するとスピーディーに解決してくれるでしょう。

エアコンを処分する際の注意点

エアコンを処分する際の注意点

エアコンを処分する際には、いくつかの注意点もあります。

注意点を理解して、正しく処分するようにしましょう。

自身で取り外すのは避ける

処分方法によっては、エアコンを自身で取り外す必要があります。

しかし、自身でエアコンを取り外すのはやめましょう。

プロである業者でも、エアコンの取り外しの際に爆発事故が起きています。

エアコンの取り外しに慣れていない素人の場合は、爆発する危険性が高まります。

爆発事故が起きなくても、エアコンに利用される冷媒を空気中にもらしてしまうと、環境破壊につながるだけではなく、エアコンの寿命を縮めることにもなります

エアコンを自身で取り外すのは危険が伴うので、避けてください

業務用エアコンは家電リサイクル法の対象外になる

エアコンのなかでも業務用エアコンとなると、処分には注意しなければなりません。

業務用エアコンは家電リサイクル法の対象品目には含まれず、フロン回収・破壊法に基づいて処分することが義務づけられています。

産業廃棄物に該当するため、処分する際は産業廃棄物処理業者へ依頼する必要があります。

業務用エアコンを正しく処分しなかった場合、法律違反で刑罰の対象にもなるので注意してください。

フロンを抜かずに廃棄したり、依頼した業者が不法投棄をすると、1年以上の懲役もしくは50万円以下の罰金が科せられます。

業務用エアコンは、家庭用エアコンよりもさらに慎重に処分しなければならないのです。

エアコンを処分するなら不用品回収業者がおすすめ!

エアコンを処分するなら不用品回収業者がおすすめ!

エアコンを手軽・格安に処分するなら不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収業者を利用してエアコンを処分するのがおすすめな理由を3つご紹介します。

エアコン以外のリサイクル家電も回収してくれる

不用品回収業者は、エアコンの取り外しに対応しているうえ、エアコン以外のリサイクル家電もまとめて回収してくれます。

引越しや大掃除、片付けなどでは、エアコン以外に処分したい家電・家具・衣類などが出てくることでしょう。

リサイクル家電に該当する冷蔵庫や洗濯機を、1つずつ段階を踏んで処分するのは時間と労力がかかります。

その点不用品回収業者なら、リサイクル家電をはじめあらゆる家電・家具などを回収してくれるので、手間をかけずにあっという間に処分できるのです。

取り外しから搬出まですべて任せられる 

壁に付いているエアコンを取り外して家の外に搬出する作業は、慣れていない人にとっては大変です。

前述のとおり、室内機で10㎏~20㎏ほど、室外機になると30㎏~50㎏ほどとかなりの重さです。

自身で持ち上げて軽々と運べる重さではありません。

一方、不用品回収業者は日ごろから重たい家具や家電の搬出などを行なっているので、慣れた手つきで丁寧に作業してくれます。

経験豊富な不用品回収業者に依頼すると、事故や怪我を防ぐこともできるのです。

即日や深夜早朝の対応が可能な業者も多い

不用品回収業者のなかには、即日や深夜・早朝といった時間帯にスピーディーに対応してくれるところも多いです。

エアコンをすぐに処分したい、仕事の都合や夜遅くに回収に来てもらいたいなどの要望にも柔軟に応えてくれます。

指定引取所に持って行ったり自治体指定の回収業者に依頼するなどの場合は、処分したいと思ったときに処分できないのが難点です。

不用品回収業者なら、こちらの都合に合わせて迅速に対応してもらえるので助かります。

※引越し時の家電処分方法についてはこちらをチェック!

※引越しで出たゴミの分別や不用品の処分方法についてはこちら

関連記事

NEWS

2019年6月5日

引っ越しで出たゴミの分別と不用品処分の計画法

引っ越しで出るゴミは早めに処分する計画を立てないと、引っ越しギリギリになって間に合わない恐れもあります。特に粗大ゴミは燃えるゴミや燃えないゴミと同じように捨てられないので要注意!そこで今回は、あなたのお家の引っ越しが計画通りスムーズに進められるために、ゴミの分別と粗大ゴミ処分の計画法を詳しく解説します。

※引越しで出る不用品を賢く処分する方法はこちら

関連記事

NEWS

2019年6月5日

引越しで出る不用品を賢く処分する7つの方法|買取・回収・自分で売る

買取・自分でやれること・回収の3つのカテゴリに分けて、引っ越しで出る不用品を賢く処分する7つの方法をお伝えします!引っ越しで出る不用品を1円でも高く売却したい、1円でも安く処分したくないですか?不用品を賢く処分することができれば、引越し費用の足しになりますし、引越し後の生活にも余裕を持てるようになります。

 

エアコンを適切・スムーズに処分するなら不用品回収業者にご相談を!

エアコンを適切・スムーズに処分するなら不用品回収業者にご相談を!

エアコンを安全・正しく処分する方法から注意点までを説明しました。

手続きの必要がなく、すぐに回収に来てくれて取り外しなどの作業もすべて任せられるのが不用品回収業者です。

不用品回収業者でエアコンなどの家電を回収しているところは数多く存在します。

そのなかでも実績が豊富でプロが在籍しており、格安・迅速に対応してくれるのは不用品回収受付センターに掲載されている業者です。

無料見積もりを実施し、できるだけ安い料金でエアコンやその他の不用品をまとめて回収してくれます。

エアコンの処分でお困りのときは、不用品回収受付センターに紹介されている不用品回収業者をチェックしてみてください。