東京都新宿区の粗大ゴミの出し方/粗大ゴミ回収で早く安く処分する方法

東京都新宿区の粗大ゴミの出し方と持ち込み料金/粗大ゴミ回収受付センター

東京都新宿区の粗大ゴミの出し方/粗大ゴミを安く早く処分する方法をどのサイトよりもわかりやすく丁寧に解説いたします。

新宿区にお住いの方は、どのように粗大ゴミを処分すればいいのかについて、どれぐらいご存知でしょうか?

また今までに粗大ゴミを出したことのない方や、1度しか出したことがない方にとっては、粗大ゴミの処分は馴染みがなくわからないことがが多いと思います。

この記事では新宿区での粗大ゴミの処分について、処分できるゴミの種類やシールの枚数、収集依頼の手順や料金、その他注意点などを徹底的に解説していきます。

  • 粗大ゴミ回収について何がわからないのかがわからない
  • どこに連絡すればいいのかがわからない
  • いくらくらいのお金が必要なのか検討がつかない

・・・という方は特に参考にしてください。

新宿区の粗大ゴミの出し方を知るにはこの記事を読むだけ十分です!後で困ることのないように、ぜひ最後まで読んでみてください。

新宿区の粗大ごみの出し方

新宿区の粗大ごみの出し方

まずはじめに、新宿区ではどんなものが粗大ゴミになるかを見ていきましょう。以下の定義に当てはまるものが、粗大ゴミの扱いになります。

粗大ゴミとなるゴミの例

新宿区では一辺の長さがおおむね30センチ以上のものが粗大ゴミに該当します。

例えば、次の4つに含まれるものが粗大ゴミに分類されます。

  • 家具・寝具
  • 自転車
  • 大型家電製品(家電リサイクル法対象品を除く)
  • 建具など

また、粗大ごみ受付センターの新宿区粗大ゴミ処理手数料であなたが捨てる予定の粗大ゴミに必要な手数料を調べるのでご活用くださいね。

粗大ゴミ処分の手順

新宿区の粗大ゴミ処理手順

次に、粗大ゴミ処分をどのようにすれば良いのか、新宿区で粗大ゴミを処分する手順を4つにわけてご紹介します。

粗大ごみ受付センターに予約をする

粗大ゴミを回収するには、まずはじめに『粗大ごみ受付センター』に電話・インターネットで予約をします。

申し込みをすると、収集予定日・粗大ゴミ処理手数料・シールの種類と枚数・近くの取扱店をお伝えしてくれます。

なお、月曜日や連休明け、3月・4月などの引越しシーズンは申し込み件数が増え、混雑しやすくなります。平日の午前中などに申し込むか、インターネット申し込みを利用するとスムーズに予約できます。

粗大ゴミ処理券を購入する

電話もしくはインターネットで予約をすると、必要な分の粗大ごみ処理券の枚数と種類がお伝えされます。お伝えされた枚数と種類の「粗大ゴミ処理券」を購入します。これは処分したい粗大ゴミに貼るシールで、この処理券の代金が回収料金として負担する金額となります。

粗大ゴミ処理券にはA券(200円)、B券(300円)があり、この2つの券を組み合わせることで手数料を支払います。

例えば、オーブンレンジの手数料は800円なのでA券1枚・B券2枚を購入することになります。

粗大ごみ処理券は新宿区内のコンビニエンスストアや商店と、清掃事務所・清掃センター・各特別出張所・ごみ減量リサイクル課(区役所7階)で取り扱っています。
⇛粗大ごみ処理券販売所

処理券を粗大ゴミに貼る

必要な料金分の粗大ごみ処理券を購入したら、粗大ごみ処理券に次の必要事項を記入して粗大ゴミに貼り付けます。

  • 氏名(集合住宅の場合は部屋番号も記入)または受付番号
  • 収集予定日

粗大ごみ処理券は回収する作業員から見えやすい位置に貼り付けるようにしましょう。

粗大ゴミの回収当日は朝8時までに出すようにしてください。

貼り付けやすい場所がなかったり、貼りにくい材質・形状の粗大ゴミなのであれば、処理券を紐などで結びつけるなどしましょう。無理矢理わかりにくい場所に貼り付けてしまうと、回収してもらえない場合があります。

指定した場所に粗大ゴミを出す

収集日の朝8時までに、粗大ゴミを指定した場所に出します。

玄関先、マンションなどの集合住宅の1階に出す場合は通行の邪魔にならない、外から見えやすい場所に置くようにします。なお、お住まいの集合住宅において、粗大ゴミを出す場所に関する指定や決まりがある場合は、それに従って出しましょう。

粗大ゴミを出す場所と資源ゴミを出す場所は異なるので、燃えるゴミなどを出す場所と混同しないように注意してください。

回収のタイミングでその場に立ち会う必要はありません。指定の場所に粗大ゴミを置くだけで大丈夫です。

粗大ゴミ処理手数料

新宿区の粗大ゴミ処理手数料

料金粗大ごみ処理券の枚数
A券(200円)B券(300円)
400円20
1,200円04
2,000円16
2,800円28

手数料一覧(PDF)

粗大ゴミ処分の注意点

新宿区の粗大ゴミ処分の注意点

粗大ゴミの処分に際して、注意していただきたい点がいくつかあります。トラブルなどを回避するためにも、理解しておきましょう。

粗大ゴミとして回収できないものもある

一辺30センチ以上のものであっても、下記に該当する場合は、基本的に粗大ゴミとしての回収・処理をしてもらうことができません

  • 家電4品目
  • 家庭用パソコン
  • 適正処理困難物
  • 事業系粗大ゴミ

このような品目は、不用品回収・リサイクルをしている業者への依頼をしましょう。

家電4品目

テレビ、エアコン(室外機含む)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は家電4品目と言われおり、自治体では回収することができません。家電4品目は家電リサイクル法というリサイクルに関して定められた法律に従ってリサイクルする必要があります。
⇛「家電4品目の出し方」の紹介ページ

家庭用パソコン

次に該当する家電用パソコンも家電リサイクル法や資源有効利用促進法によってリサイクルが義務付けられています。

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートパソコン
  • 一体型パソコン(ディスプレイ一体式)
  • ディスプレイ(ブラウン管式・液晶式とも)

⇛「家庭系パソコンの出し方」の紹介ページ

適正処理困難物

自動車・オートバイ・タイヤ・ピアノ・耐火金庫などは新宿区で回収することはできません。

清掃事務所・清掃センターにご連絡をして専門の回収業者を紹介してもらう必要があります。
⇛清掃事務所・清掃センター

事業系粗大ゴミ

会社や商店、事業所などの事業活動に伴って発生する粗大ゴミの回収はできません。

生活保護世帯は手数料免除

生活保護を受給している世帯が粗大ゴミの処分をする場合、処分にかかる手数料を免除してもらう事ができます。免除を希望している方は、受付の際にその旨を伝えましょう。

粗大ゴミ回収の申込み後に発行した生活保護受給証明書が必要です。

その他に手数料の免除を受けられる方

次に該当させる方は粗大ゴミ回収手数料の減額・免除を受けられます。

  • 天災その他大規模災害を受けた方(管轄清掃事務所の指示による)
  • 火災等の災害を受けた方(消防署長の「罹(り)災証明書」)
  • 児童扶養手当受給者の方(児童扶養手当証書の写し(※受給者氏名と住所、有効期限がわかるようにコピーしてください))
  • 特別児童扶養手当受給者の方(特別児童扶養手当証書の写し(※受給者氏名と住所、有効期限がわかるようにコピーしてください))
  • 遺族基礎年金(旧母子、準母子福祉年金)受給者の方(遺族基礎年金証書の写し)
  • 老齢福祉年金受給者の方(老齢福祉年金証書の写し)
  • 中国残留邦人等支援給付受給者の方(支援給付受給証明書の写し)

申込みの際は、カッコ内に記載した証明書などが必要です。

粗大ゴミ回収の予約をするときに受給している旨をお伝えください。

粗大ゴミの処分を格安業者に全部お任せ

新宿区の粗大ゴミの処分を格安業者に全部お任せ

新宿区で粗大ゴミを処分する方法について詳しく解説してきました。

今回お伝えしてきたように、新宿区で粗大ゴミを回収するには4つのステップを踏んで申し込みをして回収する必要があります。粗大ゴミの種類によって回収料金などがことなるので、事前に新宿区のホームページを見て、詳細を把握しておいてくださいね。

しかし、新宿区の粗大ゴミ収集は、エアコンなどの家電製品は捨てられなかったり、また捨てる日時に融通が利かないなど、実際に処分できない状況に立たされることもあります。

今すぐ粗大ゴミを処分するなら、粗大ゴミ回収業者に依頼すると時間の融通をきかせて、新宿区では回収できないものも処分できます。即日では回収できない新宿区とは異なり、どんなものでも30分以内に回収にが可能です。

新宿区の粗大ゴミ収集をもっと簡単便利に利用したい方は、粗大ゴミ・不用品の処分を不用品回収受付センターにお任せください。

おすすめ優良不用品回収業者

粗大ゴミ回収隊

他の地域の粗大ゴミ出し方

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

2019/07/21 11:15(日) 現在「お客様が選んだNo.1業者」