東京都国立市の不用品回収/即日対応の格安業者/口コミ高評価

東京都国立市のおすすめ格安不用品回収業者5選【優良業者の選び方解説付き】

東京都国立市にお住まいで不用品の処分をお考えの方はいらっしゃいませんか?

いざ不用品を処分しようと思っても、どう処分すれば良いのか分からない事も多いかと思います。故障した道具や稼働しなくなった家電、ボロボロになった家具小さいけれどそのままゴミ袋に放り込んではいけない物もあれば、大きくて移動が困難な物もあります。しかしそのまま置いておくと非常に邪魔になりますし、最悪の場合、ゴミ部屋やゴミ屋敷が出来てしまう事も

 ここでは粗大ごみや不用品を捨てたい時に国立市で利用できる処分方法を載せています。

 粗大ごみや不用品を処分する場合、国立市では2種類の処分方法があります。

不用品回収業者に依頼して回収してもらう

国立市の不用品回収サービスを利用する

どちらでも不用品を処分できる事に変わりはありませんが、これらのサービスにはどちらもメリット・デメリットがあります。それを知らずに選んでしまうと、高い費用がかかったり、手間がかかったりと損をしてしまう場合があります。その為、それぞれのサービスの違いを知っておくことが無駄なく不用品を処分することに繋がります。

この記事には国立市と不用品回収業者、この二つのサービスを比較して、どちらがよりお得に利用できるのか判断する方法を載せています。国立市で利用可能な不用品回収業者の紹介もしていますので、不用品を処分する予定の方や業者を探している最中の方は、参考にしてみてください。

国立市の収集と不用品回収業者を8つの項目で徹底比較

不用品回収業者に依頼するサービスと、国立市の回収サービス。これら二つのサービスの違いを、かかる料金や回収品、回収にかかる手間など、8項目で比較しました。人によって重視する項目は違うと思いますので、自分に合っているのはどちらのサービスか、よく見比べてみてください。

不用品の大きさ

国立市の回収サービスの場合

粗大ごみの定義は市によって異なります。国立市では「家庭から出たごみである事」「サイズが1辺50cm以上の大型の家具や家電など」と定められているようです。それでは家具を解体したり、電気製品を分解した場合はどうなるのでしょうか。国立市では元の物品によりごみの扱いは決まるので、仮に破壊して小さくしたとしても、「粗大ごみ」として扱われることに変わりはないようです。

不用品回収業者の場合

不用品回収業者で取り扱える不用品の大きさに規定はありません。基本的にはどのようなサイズの物でも回収可能です。ただし、粗大ごみの中でも特に大きなものは、重機や追加の人手が必要となります。その場合、追加で料金が発生する場合がありますので、大型の不用品を回収してもらう際は事前に料金の確認をしましょう。

不用品の量

国立市の回収サービスの場合

国立市では回収できる不用品の総量に上限はありません。処理場や収集車が手一杯の状態の時のみ、1度の回収上限が10点までと定められる場合があります。また、回収予約が多数入っている場合は順番待ちとなり、回収が10日以上後になることもあります。その為大量の不用品を処分したい場合や、急ぎで処分したい時はやや利用しにくいサービスとなっています。

不用品回収業者の場合

回収業者のサービスは少量は勿論、大量の不用品を一度に処分したい場合にもおすすめです。回収してもらう不用品の量に上限が無いので、1度に全て処分することが可能です。1度の依頼で多く不用品を受け取る方が利益が出るようで、業者としても嬉しいようです。

不用品の量に合わせてトラック詰め放題といったプランを利用すると費用が安くなる場合がありますのでおすすめです。大体の回収量を業者に伝えて、どのプランを利用するのが良いか確認しておきましょう。

回収にかかる時間は不用品の量にもよりますが、大体数時間から1日程度あれば終わるようです。

不用品の分別

国立市の回収サービスの場合

市のサービスで不用品を回収してもらう場合はごみの種類によって処分費が決まっている為、先にごみの分別をしておく必要があります。例えば、中に衣服が入った状態のタンスや、書類が入ったままのデスクなど、別の物が混ざっていると回収してもらえないので注意が必要です。行政では環境保護に力を入れており、回収した不用品は再利用、もしくはリサイクルされる事があります。

不用品回収業者の場合

ゴミの分別は業者に不用品を回収してもらう場合も必要です。しかし中にはごみが多すぎて自分だけでは分別できそうにない方や、そもそも忙しくて分別する時間が取れない方もいるかと思います。その場合は有料でごみの分別を頼める業者があるので、そういったオプションが準備されている業者を探して依頼すると良いでしょう。

回収できない不用品の種類

国立市の回収サービスの場合

危険物など、市の回収サービスでは回収ができない物があります。

  • エアコン、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、パソコン、乾燥器など家電リサイクル法対象の品
  • 灯油が入った状態の石油ストーブ(灯油を抜けば回収可)
  • コンクリートブロック、レンガ、石、砂、灰、土(園芸用の物も含む)
  • 酸素ボンベ等のボンベ類
  • 石油類(灯油、軽油、ガソリン、エンジンオイル、シンナー、塗料)
  • 蓄電池や充電式電池といった二次電池類
  • 毒物、劇物、特別管理一般廃棄物(医療系感染性廃棄物等)、PCB部品
  • 事業ごみ、産業廃棄物
  • 市で処理が難しいバッテリー、タイヤ、ピアノ、消火器、耐火金庫など

不用品回収業者の場合

業者に依頼する場合は、市では回収できないようなごみでも回収が可能な事があります。特に家電リサイクル対象品は引き取りではなく、買い取りになる場合があります。状態が良い物や、発売から〇年以内と条件がある場合もありますので、買取の査定をお願いする前に確認しておきましょう。

また、市が回収できない不用品の中には特殊な資格を所持していないと取り扱えない物があります。そういった物を業者に引き取ってもらう場合は、その業者が資格を所持している、または資格所持者が在籍しているかを確認しておきましょう。

不用品の出し方

国立市の回収サービスの場合

行政の回収サービスを利用する場合は、このような手続きが必要です。

 1、粗大ごみ受付センターに回収依頼をする(電話、スマホ、パソコンでの依頼が可能。ただし電話は中々繋がらないようです)

 2、回収してもらうごみの種類や大きさ等を伝える。また、持ち込みか回収に来てもらうのかも同様に指定する(電話、FAX、ホームページを利用)

 3、ごみの種類ごとに定められている処理手数料の確認(電話orインターネット)

 4、国立市の「有料粗大ごみ処理券」を近くのコンビニやスーパーで購入する(国立市以外の処理券は利用不可)

 5、「有料粗大ごみ処理券」を粗大ごみに貼り付ける。この際、氏名もしくは受付番号を必ず記入しておくこと。

 6、指定の場所へ、朝の8時までに粗大ごみを出しておく(処理券を既定の金額分貼っていなかったり、申し込みをしていない場合は回収されないので気を付けましょう)

 

不用品回収業者の場合

業者に不用品回収を依頼する際は、行政に依頼するより手続きが早く終わります。

 1、電話やインターネット等、好きな手段で見積もりを依頼する。その際、複数の回収業者に見積もりしてもらうこと。

 2、見積もりの結果を比較して、かかる費用や回収してくれる品の量、対応の速さなど、自分に一番合っている業者を選ぶ。

 3、回収日が来たら、回収する品の指定など簡単な指示だけ出して、あとは業者の人にお任せする。運び出しが終了したらその場で支払いをする(現金払いが多いが、一部の業者はクレジット決済が可能)

受付と回収時間

国立市の回収サービスの場合

粗大ごみ収集の申し込み先 : ごみ減量課清掃係。窓口申し込みは、市役所庁舎内1階17番窓口
電話申し込みは、042-505-5109(直通)

  • 土曜日・日曜日・祝日は申し込みができないため、土曜日・日曜日・祝休日前の平日にお申し込みください。
  • 土曜日、日曜日、年末年始以外の祝日も収集いたします。

不用品回収業者の場合

不用品回収業者の受付時間は業者ごとに異なります。

 例:電話 午前7時~午後8

  インターネット 24時間受付、年中無休 等

不用品回収の費用

国立市の回収サービスの場合

市のサービスの場合、回収にかかる金額は処分する品の種類によって決まっています。処分費用を知りたい場合は、インターネットで調べるか、電話で回収してほしい不用品の種類を伝えれば知ることができます。処分費がはっきりしたら、スーパーやコンビニへ行って必要分の処理券を買いましょう。処理券は必ずごみを回収場所へ出す前に貼っておきましょう。貼り忘れると回収してもらえません。また、処理券は200円と500円、1000円の3種類があります。間違えて購入しないよう注意しましょう。

不用品回収業者の場合

回収業者に回収してもらう場合、かかる金額は各業者に見積もりを頼むことで確認できます。訪問見積もりや電話での見積もりがあり、電話だと口頭で伝えるだけなので大体の金額は分かりますが、状況次第では料金が上がる可能性もあります。しっかり確定させたい場合は訪問見積もりを依頼しましょう。トラック載せ放題など大量の不用品に適したプランもあるので、回収数が多い時はプランの利用も選択肢に入ります。回収前のごみの分別や清掃など、有料のオプションが準備されている業者も有ります。必要なら回収と一緒に申し込みましょう。

その他の利用できるサービス

国立市の回収サービスの場合

東京都では、次の項目に該当する人は、粗大ゴミの手数料等が免除されることがありますので、国立市の市役所に確認しましょう。

  • 暴風、豪雨、地震等の天災その他大規模な災害を受けた方
  • 生活保護を受けている方
  • 児童扶養手当または特別児童扶養手当の支給を受けている方
  • 国立市ひとり親家庭等の医療費の助成を受けている方
  • 老齢福祉年金の支給を受けている方
  • 火災等の災害を受けた方
  • 中国残留邦人等の支援給付を受けている方

不用品回収業者の場合

回収業者を利用する場合は、業者によっては以下のようなサービスが利用可能です。

  • 買い取りサービス(家具や家電など状態の良い物、ブランド品、宝飾品)
  • 遺品整理、遺品管理サービス
  • 24時間対応、即日対応、深夜・早朝対応
  • 女性スタッフによる作業
  • ご近所や騒音への対処・対策

国立市の優良回収業者を安く利用6つの方法

不用品回収業者を利用しようと考えた時、自分で業者を選ぶことになりますが、一体どの業者に頼むのが一番良いのでしょうか。国立市だけでも不用品回収業者は沢山あり、初めてだとどこへ依頼すれば良いか悩むことになるかと思います。ここからは業者を選ぶ際のポイントとなる料金やプラン、対応の速さなどの項目を纏めましたので、選定時にはぜひお役立て下さい。

選び方①:見積もりから選ぶ

業者を選ぶ際に見積もりを比較するのは大切です。見積もりを依頼する際は複数の業者へ依頼をし、料金や回収日などを比較して自分に一番合っているものを選びましょう。業者によっては訪問見積もり以外にインターネットや電話での見積もりも可能な場合がありますが、かかる料金をはっきりさせたい場合は実物を見て判断してもらえる訪問見積もりがおすすめです。また、見積もり結果が一番安いからといって業者を決定しないようにしましょう。業者によって追加料金が発生する作業や不用品があります。見積もり結果からさらに料金が上がる可能性があるか、しっかり尋ねておきましょう。

選び方②:対応可能な日時から選ぶ

仕事が忙しくて中々纏まった時間が取れない方もいるかと思います。そういった方は、即日対応や早朝・深夜対応が可能な業者へ依頼するという手も有ります。見積もりも電話してから30分程で来てくれる業者もあるので、空いた時間に電話をしてかかる料金の確認をすると良いでしょう。急な引っ越しなど、急ぎで不用品を回収してほしい人にも便利なサービスですが、深夜対応などはオプション扱いとなる業者もあり、その場合は追加料金が発生することもあります。事前に確認しておき、予算と相談して依頼するかどうか決めましょう。

選び方③:プランから選ぶ

不用品回収業者は業者ごとにプラン設定がされています。基本的にプラン料金は不用品の量が多い方向けで、1品ずつ回収してもらうより割安になっているので、不用品の量が10点以上ある方はトラック載せ放題のプランを利用すると良いでしょう。

トラック載せ放題プランは多くの業者が設定しており、同じトラックでも料金設定が異なります。また、軽トラックから4tトラックまで利用できるので、自分の不用品の量に合っているプランの中から安い物や、サービス内容が合っているものを選びましょう。追加で清掃や分別のオプションを設定できる業者もあります。

選び方④:サービス内容から選ぶ

プラン設定だけでなく、オプションの種類も業者によって異なります。一部有料のものもありますが、以下のオプションは非常に便利で多くの業者が設定しています。必要に応じて利用しましょう。

  • 買い取りサービス:まだ使える家具や家電、ブランド品等は買取査定をお願いすることができます。あまり使っていない、状態の良い不用品がある場合はぜひ査定をしてもらいましょう。回収費用を大幅に抑えられる可能性があります。
  • 清掃サービス:不用品回収が終わった後の部屋を綺麗に掃除してくれたり、逆に回収前の不用品を分別から任せる事のできるサービスです。ゴミ屋敷の清掃の際にもおすすめです。
  • 女性スタッフサービス:不用品回収作業を女性スタッフに頼めるサービスです。男性スタッフばかりだと不安な独り暮らしの女性によく利用されるサービスです。
  • 遺留品鑑定士サービス:遺品整理士に遺品の整理や管理をお願いできます。相続の相談等が可能な業者もあります。

選び方⑤:回収できる品から選ぶ

市では回収ができない品でも、業者なら回収できることもあります。特に家電リサイクル法対象品は業者なら買い取ってくれる事もあるので、ぜひ依頼したい所です。一方、危険物など一部の品は資格所有者でなければ取扱禁止の物もあります。資格を所持していて本当に処分可能なのかどうか、回収を予約する前にしっかり業者へ確認しておきましょう。

国立市で格安の不用品回収業者を探す方法は?

不用品回収業者の比較をする際は、国立市の不用品回収受付センターを利用すると良いでしょう。センターでは料金設定や利用可能なサービス、口コミ情報など、色々な観点から業者同士を比較することが可能です。自分に合った、優良な回収業者を見つける為にもぜひ利用しましょう。

東京都国立市で格安不用品回収業者を探すなら、不用品回収受付センターがおすすめです。

国立市のおすすめ格安不用品回収業者5選

ここからは、おすすめできる優良な不用品回収業者を5つ紹介し、あなたに合ったプランを選択いただけます。それぞれの業者は、安いだけでない、納得のサービスを行っていますので、ぜひ、参考にしてください。

すっきり本舗

すっきり本舗

東京、神奈川を中心に不用品の回収を行っている業者です。粗大ゴミの処分や遺品整理、ゴミ屋敷や引越し後の清掃など、年中無休で対応しております。すばやい対応を心がけているので、時間がなくなかなか処分できない不用品でお悩みの方は是非ご連絡下さい。

サービス内容

ゴミ屋敷清掃、不用品回収、粗大ゴミ回収、遺品整理

料金目安

軽トラック:2万4,800円~、2tトラック:3万9,800円~

対応エリア

国立市、東京、神奈川

受付時間

年中無休WEB受付 電話対応8:00~21:00

支払い方法

作業完了後の現金払い、クレジットカード決算

その他

即日対応

ガイア

ガイア

関東一円で不用品の回収を行っている業者です。軽トラックによる不用品積み放題定額プランは業界の中でも最安の8,000円でとても人気があります。ただし、品目によっては、追加の処分料金がかかりますので、ホームページで事前に確認しておくことが大切です。

サービス内容

不用品回収

料金目安

軽トラック:8,000円~

対応エリア

国立市、東京(全域)、埼玉、千葉、神奈川

受付時間

月曜日定休 電話対応9:00~19:00

支払い方法

作業完了後の現金支払い

その他

 

ダストマン

ダストマン

お部屋の片付けや、不用品・粗大ゴミの回収処分、遺品整理などを行っている不用品回収業者です。少量の不用品ならかご車専用プランが用意されているので、低額で利用できます。ホームページでは、処分品ごとの個別回収料金も明瞭に掲載しておりますので、事前にご確認頂きご相談下さい。

サービス内容

お部屋の片付け、遺品整理、ゴミ屋敷清掃、不用品回収

料金目安

1tトラック:1万2000円~、2tトラック:5万円~

対応エリア

国立市、東京、埼玉、神奈川、千葉

受付時間

年末年始休業、WEB受付 電話対応9:00~19:00

支払い方法

作業完了後の現金支払い、クレジットカード

その他

 

処分屋シンセイ

処分屋シンセイ

不用品や粗大ゴミの回収処分サービスを行っている業者です。他業者と比べて、回収した不用品はリサイクルを徹底して行い、資源として必ず許可業者と連携して実施しています。現地にて不用品と思われた物の分別を徹底的に行います。不用品の量がそれなりにある場合はトラック詰め放題定額プランがお得です。

サービス内容

事業ゴミ、遺品整理、ゴミ屋敷清掃、不用品回収

料金目安

軽トラック:1万9,000円~、2tトラック:4万5,000円~

対応エリア

国立市、東京、神奈川、静岡、山梨

受付時間

年中無休WEB受付 電話対応8:00~21:00 (水曜定休)

支払い方法

作業完了後の現金支払い、クレジットカード決済

その他

リサイクル強化

クローバーズエコ

クローバーズエコ

関東一円で、リユースを目的としたお部屋の片付けや不用品の回収を行っている業者です。産業廃棄物の回収にも対応しており、自治体のルールに基づいて適切な処理を行っています。機密書類に関しては、溶解処理まで行い、溶解証明書を発行致します。

サービス内容

不用品回収、粗大ゴミ回収、引越しゴミ、遺品整理

料金目安

軽トラック:2万4,800円~、2tトラック:9万9,000円~

対応エリア

国立市、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城

受付時間

年中無休メール受付 電話対応8:00~22:00

支払い方法

作業完了後の現金支払い

その他

買取りサービス

国立市で不用品回収をお考えの方へ

2021/10/24 09:36(日) 現在「お客様が選んだNo.1業者」