東京都港区で不用品回収業者と自治体サービスのメリット・デメリット

東京都港区で不用品回収業者と自治体サービスのメリット・デメリット

東京都港区で不用品回収業者を利用するメリットと自治体サービスのデメリットをご紹介します。

家庭で出る不用品、大きなサイズのものは処分も大変ですね。また、オフィスや店舗で出る粗大ゴミについては、行政で回収されないケースも多く、その処分方法に困る人は多いです。

そんな悩みを抱える人に、不用品回収業者の利用が便利なのをご存じですか?ここでは、東京都港区に住んでいる人や、働いている人に不用品回収業者の利用がオススメな理由をご紹介します。

東京都港区で不用品回収を利用するのはこんな人!

港区は、東京の要とも言われています。昼間の人口は東京都の中でトップとなり、多くの人が仕事で港区に集まることが分かります。それだけ、企業や会社、店舗などの事業者が多いのですね。

また、港区は住みたい街ランキングの上位に選ばれ、住まいとしての魅力も多い街です。麻布や白金などは、古くから高級住宅街として知られていますが、近年では汐留や台場を中心に一戸建て住宅や高層マンションが増えつつあり、子育て世代などの若い人の移住が増加傾向にあります。

つまり、不用品回収を利用する人の特徴として、事業ゴミの処分に困っているビジネスマンや、高層マンションからの搬出・収集場までの運搬が困難な住民、昔から港区に住んでいる高齢者などがあげられます。

東京都港区で出る粗大ゴミの処分方法

東京都港区で出る粗大ゴミの処分方法

粗大ゴミの処分方法は、市区町村によって異なります。粗大ゴミを行政のサービスで処分する際には、一つずつ処分できるものなのかを確認する必要があります。

港区の粗大ゴミの定義

港区では、一辺の長さがおおむね30㎝以上のものを粗大ゴミと呼びます。分解して小さくなったものであっても、元の大きさが粗大ゴミに該当するものであった場合は、粗大ゴミとして出さなければなりません。また、折り畳むなどして可燃ゴミなどの袋に入る場合でも、元の大きさが粗大ゴミの該当する場合は収集してもらえません。

港区で処分できない粗大ゴミ

港区が処分する粗大ゴミは、家庭から出るものに限られています。つまり、オフィスや店舗など事業者から出る粗大ゴミの処分は行われていません。事業者から出た粗大ゴミの処分について港区に問い合わせると、民間の処理業者を紹介されます。

さらに、家庭から出たものであっても、テレビやエアコン、冷蔵機などの家電リサイクル法対象品目や、パソコンは処分してもらえません。

なお、港区では粗大ゴミをおおむね30㎝以上のものとしていますが、180㎝を超えるものは処分してもらえません。

港区の粗大ゴミ処分方法

まず、電話かインターネットで粗大ごみ受付センターへ連絡し、申し込みをします。あらかじめ処分したいものの大きさや素材などをメモしておき、受付センターへ伝えると、処分にかかる費用や受付番号を教えてもらえます。

処分にかかる費用分の有料粗大処理券を、スーパーやコンビニ等で購入し、受付番号を書いて指定の日の朝8時までに収集場まで運びます。

高齢者や障害者のための運び出しサービス

粗大ゴミの運搬が困難な場合、65歳以上の高齢者や障害者のみの世帯で、身近に協力者がいない人に限り、部屋や玄関先からの運び出しサービスを受けることが可能です。

東京都港区で不用品回収業者を利用するメリット

港区の行政サービスで処分できない粗大ゴミや、運搬することが一人では困難な粗大ゴミ、粗大ゴミ以外のゴミの処分もまとめて行いたい時には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

好きな日時で回収

不用品回収業者を利用すると、ほとんどの場合は利用日にすべて引き取ってもらえるため、収集日まで待つ必要はありません。また、粗大ゴミに限らず、不要になったものの処分をまとめて任せることができます。

家電製品や180㎝を超える大きなものについても、まとめて回収しますので、手間が大幅に省けます。

運搬を任せることができる

大型の家具や家電などは、自宅から運び出すだけでもかなりの労力を要します。不用品回収業者に依頼すると、高層マンションなどでも養生しながら運び出しますので、安心です。港区の運び出しサービスが利用できない、若い世代の人には便利です。

事業者から出るゴミも回収できる

港区が行う粗大ゴミ回収は、家庭から出るゴミに限られていますが、不用品回収業者を利用すればオフィスや店舗から出る粗大ゴミを処分できます。オフィスの移転や、リニューアルに伴う大量の不用品が発生した時にも便利です。

買い取りに対応する業者も!

不用品回収業者の中には、まだ使えるものの買い取りを行う業者も多いです。不要になったけど、捨てるにはもったいないと感じるものは、買い取り依頼ができる業者を選ぶと、いくらかキャッシュバックが期待できるかもしれません。

港区で不用品回収サービスを選ぶなら

今回は、東京都港区の粗大ゴミ処分方法や、不用品回収業者を利用するメリットについてご紹介しました。

不用品回収業者の中には、残念ながら、東京都に許可をとらずに違法営業している業者もいます。無料で引き取れるとうたっている業者や、突然不要なものはないかと訪ねてくる業者には注意が必要です。

港区の不用品回収なら不用品回収受付センターにお任せください!

2019/07/19 06:47(金) 現在「お客様が選んだNo.1業者」