ゴミ屋敷の掃除・片付けで業者を安く使う5つのコツと事前に確認しておくポイント

ゴミ屋敷の掃除・片付けで業者を安く使う5つのコツと事前に確認しておくポイント

ゴミ屋敷の掃除・片付けで業者を安く使う5つのコツと事前に確認しておくポイントをご紹介します。

ゴミ屋敷と一言で言っても実は種類があります。

  • 気力や体力がなく掃除ができずにゴミ屋敷になった。
  • 家の外からゴミを集めてきてしまいゴミ屋敷になった。

前者の場合は生活ゴミが溜められただけですが、後者は回収されないゴミの集積場のような状況となることもあります。

その場合、屋外や敷地外にゴミがあふれるなど、臭いや景観について第三者への影響もあるので早めの片付けが望まれるところです。

しかし、広範囲に及ぶ作業は「高額になるのでは」と心配される方も多いです。

そこで今回はゴミ屋敷の掃除や片付けで業者を安く使うコツと注意点についてお伝えします。

 

ゴミ屋敷の掃除・片付けで業者を安く使う5つのコツ

ゴミ屋敷の片付けで業者を使うためのコツは全部で5つあります。ではさっそく一つずつ確認していきましょう。

ゴミ屋敷専用の業者に依頼する

ゴミ屋敷は普通の不用品回収などとは作業の内容が異なることが多いです。ゴミ屋敷専用の掃除であったり、特殊な作業が必要になるため、一般の片付け業者では対応しきれない場合もあります。

そのため一般の片付け業者に依頼するとオプション料金がたくさんついて高額になってしまうこともあるため注意が必要です。ゴミ屋敷の掃除は、ゴミ屋敷の掃除に慣れている専門業者に頼むと、安くて配慮のある作業が期待できます。

早めに見積もりを取る

ゴミ屋敷を掃除することを決めたら、早めに見積もりを取りましょう。

ゴミ屋敷の掃除はその量からも、短期間で終わらせることは難しいものです。急な対応の場合、特別料金が発生してしまいます。業者のスケジュールを抑える必要もあるので早めに連絡することが重要です。

見積もりを比較する

見積もりをとるときには一社だけでなく複数社とって比べることをおすすめします。

またゴミ屋敷は実際に状況を見ないと正確な見積もりを出すことは難しいため、最終的には2社程度、現場見積もりをしてもらってから決めましょう。

そうすることで作業当日になって高額になることを防げます。

値段の交渉をする

「ゴミ屋敷の掃除で値段交渉をするのは遠慮してしまう」という方も多いですよね。

そんな方は、「自分たちも片付けを手伝いう」「日時を業者の都合のいいときに合わせる」ということで値段交渉してみることもおすすめです。

また現場見積もりのときには、作業員も契約をして帰りたいと思っているので多少の値段交渉は応じてくれる場合もあります。

ぜひ「値引きしてくれたら即契約する」と交渉してみてください。

信頼できる業者を選ぶ

ゴミ屋敷の掃除は、見積もりをしていても予想をしていないゴミがでてきたり、害虫の発生など予期しない作業が必要になったりするものです。

そのようなイレギュラーなことが置きても、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。

問い合わせをしたときに、

  • 会社名と担当者名を名乗る
  • 質問をしたときに丁寧に答えてくれる
  • 高圧的な態度ではないなど

基本的なことをチェックする事も必要です。

対応に疑問があるところは、後々トラブルになってしまうことも少なくありません。

安心して作業を任せられる業者に依頼することが重要です。

ゴミ屋敷の掃除・片付けで業者に依頼するときのポイント

ゴミ屋敷の片づけ依頼のポイント

ゴミ屋敷の掃除や片付けを依頼するには注意点があります。

安く依頼することも重要ですが、注意点も確認して、予期しない出費をしないでいいように努めましょう。

本人の了承を得ているのか

依頼するゴミ屋敷は自分ではなく、他人の家の場合。両親や家族のものだったり、もしくはまったくの第三者だったりする場合もあります。

家族の家がゴミ屋敷になっている場合、親族としては一刻も早く片付けたいと思いますよね。ですが、ゴミ屋敷になった理由も人によって様々です。本人も「このままではいけない」と思いながらも、頑なに掃除することを拒む方もいらっしゃいます。

そのため、掃除をどの程度するのか、ゴミ屋敷に住んでいる人とよく話し合って、本人の了承をとってから依頼しましょう。

どうしても掃除を拒んでいる場合は、「第三者の人に迷惑がかからないよう、道に出ている分だけ」など、範囲を決めることもおすすめです。

勝手に依頼したけれど、本人が掃除をさせずに基本料金だけ払って終わってしまったということにならないためにも、本人の了承をとることは重要です。

クリーニング費用の確認

ゴミ屋敷は、ゴミを片付けた後に、壁や床などのクリーニングが必要になることがほとんどです。

このクリーニング費用は料金に含まれていないことも多いので注意が必要です。トータルでの料金を考えないと損をしてしまうこともあります。

事前にいくらくらいになるのか確認しておきましょう。

貴重品の選別

ゴミ屋敷の中には、埋もれてしまっている貴重品があるといったケースもあります。

全部を本人の確認を取っていたら進まない場合もあるのである程度業者に任せる必要がありますが、何を貴重品とするのか予め話しておきましょう。

この分別をするのに別料金がかかるのか最初に確認しておくのもおすすめです。

ゴミと不用品の回収もしてくれるのか

ゴミ屋敷の掃除では、トラック何台分ものゴミが次々に出る場合も。このようなゴミの回収もしてくれるのか、料金に含まれているのかは事前に確認しておきましょう。

冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンなどはリサイクル法により破棄するための料金がかかるので、注意が必要です。

リユース・リサクル品の買い取りも行っているのか

ゴミ屋敷の中に埋まっている、リサイクルできる品々。これらを買い取ってくれる場合、少しですが料金が安くなる場合もあります。業者が買い取りを対応してくれると、リサイクル店に持っていく手間も省けるので、このような買い取りをしているのかも、事前の確認をおすすめします。

脱臭・除菌・害虫駆除などのサービスもあるのか

ゴミ屋敷で気になるのは臭い。特に夏は匂いが発生しやすく、掃除中に近隣住宅の迷惑になることもあります。

また、ゴミが溜まっているために害虫が発生していることも少なくありません。そのようなゴミ屋敷ならではの状態にもどれくらい対応してくれるのか、料金はどれくらいかかるのか確認しておきましょう。

まとめ

ゴミ屋敷の片付けは全容が見えにくい分、思っているよりも料金が発生した、ということにもなりやすいです。そのため事前に料金の確認をしっかり行い、掃除後の料金トラブルを防ぎましょう。

不用品回収受付センターで紹介している優良回収サービスは、一定の基準に合格した事業者のみ扱っておりますので安心してご利用いただけます。

2019/09/16 17:09(月) 現在「お客様が選んだNo.1業者」