優良不用品回収業者の選び方

優良不用品回収業者の選び方。安心の適正料金で不用品を処分するには

優良な不用品回収業者はどのように選べば良いのでしょうか。安心の適正料金で速やかに不用品を処分する方法を紹介します。

不用品の数が多い、運搬が現実的に厳しい、役所に粗大ゴミの回収依頼を出すと手間がかかると言った理由で、民間の不用品回収業者を検討される方も多いでしょう。今回は有料不用品回収業社の選び方について考えてみましょう。

不用品回収業者の費用の内訳は?

不用品回収業者の費用の内訳は出張費、処分費、人件費ということになります。具体的には自宅まで来るにあたっての時間とガソリン代のコストが出張費、廃棄物処分場に持ち込む費用や法定のリサイクル費が処分費、作業にかかった人件費という感じです。

粗大ゴミの処分費に関しては、各自治体のホームページを見れば各物品の粗大ゴミで出した場合の費用が書いてあります。だいたいの原価の目安はつけることができるでしょう。

仕入れの料金がかかるような商売ではないのでほとんどが人件費と考えて良さそうです。しかし、依頼主が自分ではできない、やりたくないと考える部分を解決するサービスなので、そこに付加価値をつけて料金を設定しているわけです。

優良不用品回収業者を判断するためのポイント

基本的には一般的な取引と同じ感覚で対応すれば問題ありません。

一般的な取引とは

  • 発注書、もしくは見積書が存在する
  • 内訳に関しての明確な説明がある
  • 追加料金が発生する場合の説明がある
  • 時間を守る

といったところが確実に行われることがほとんどです。

優良とは言えない不用品回収業者の特徴

不用品回収業者が優良かどうかは、サービスはもちろん料金の中身が大事です。

とりあえず伺います

全部電話口で適当にすませ「とりあえず行きます」と言うような会社はちょっと考えものです。

例えば、電話で話した後に実際に現場を見たほうがいいと担当者が考えるようであれば
「確実な料金をお伝えしたいので、今から無料鑑定にお伺いしてもよろしいですか?これで契約ということではないのでご安心ください」
というような対応をするのが普通でしょう。

基本的には電話やネット上の申し込みで済ませることができれば、不用品回収業者としてもコストがかからないのは間違いありません。特に難しそうな案件でもないのに、無駄に自宅までこようとする業者は怪しいと考えていいでしょう。

どのタイミングで見積もりが出るか

何をどれくらい回収するのかがわかれば業者側で料金の設定はできるはずですので、しっかり紙もしくはデータで明細が記された見積書をもらうようにしましょう。その際におかしな点があれば問い合わせることができます。

料金は高いところが悪いとは一概に言えません。もしかするとサービスの質が高いのかもしれませんし、安かろう悪かろうという言葉もあります。複数業者から見積もりを集めて、内容に納得した上で契約をすることを心がけましょう。

優良不用品回収業者はイレギュラーな事態の事前説明がある

「実際に現場に行ってみたら客から聞いていた状況とまるっきり違っていた」

不用品回収に限らずいろんな現場で起こりうることです。

まともな業者であれば、そう行った場合を踏まえて申告と違う物品の回収や、予定時間を大幅に超えた場合などについて事前に説明があります。しっかり説明があれば、利用者としても予定外の出費は避けたいところなので、顧客の立場を考え、追加料金が発生しないように事前に正確なところを伝えようとするはずなのです。

これが全くなく、「いやーこれだとお伝えしてた料金の倍かかってしまいますね。もう着手しちゃってるのでキャンセルはできないです」というような業者はダメな業者です。

イレギュラーな場合の料金が明確かどうか、それをできるだけ避けるような親切さがあるかがポイントになります。

優良不用品回収業者は時間を守る

時間を守らない業者、これが実は結構存在します。

と、いうより時間通りに客宅に行くという概念がない場合もあります。

要は一日に複数の客先を周り、終わり次第次の現場に向かうというやり方をしている業者が多いため、時間の約束をするのが現実的ではないというわけです。

しかし、共働き家庭が一般的になり、誰かが常に自宅にいるということは少なくなっている現在、いつやってくるのかわからないのでは困ってしまいます。

「これこれこういう事情で何日の何時にきてほしい」と説明しても「時間の約束はできない」と言い張るような業者の場合は利用をやめたほうがいいでしょう。

1人か2人で営業しており、案件をぎちぎちに詰め込んでいるような可能性があるため、仕事が雑な可能性もあります。

自治体のホームページに記載のある業者を選ぶ

不用品回収業者は役所への届け出は必須です。ですので自分が住んでいる自治体のホームページに記載がない場合は、届け出をしているのか怪しいと考えたほうが無難です。

不用品回収業者を選定する際に、まず自治体のホームページの登録事業者リストから探してみるというのは有効です。自治体が認めているというのは安心材料の一つです。

自宅から近い場合もありますし、もしかするとちょっと頑張れば持ち込みでいけるかもしれないのでコストが削減できるかもしれません。

優良不用品回収業社を選べばワンパッケージでお得

優良不用品回収業社に依頼できれば面倒な作業、物品などを全部まとめて片付けてくれます。料金を払っても満足が得られたといった声も多数存在するので、上記で紹介した内容を参考にして業者を選定して下さい。

不用品の回収は受付センターにお任せください!

 

2019/07/21 10:47(日) 現在「お客様が選んだNo.1業者」