近所にバレないように粗大ゴミを処分するなら自治体と業者どっちが良い?

近所にバレないように粗大ゴミを処分するなら自治体と業者どっちが良い?

近所にバレないように粗大ゴミを処分する選択肢として、自治体の粗大ゴミ回収サービス不用品回収サービスの違いとそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

粗大ゴミを処分するには、自治体や業者を利用するのが一般的です。しかし、ゴミの捨て方によっては、プライベートな事柄が覗き見られてしまうこともあります。
ゴミの量の多さや汚れ、また処分したい物の種類によっては、近所にバレないよう粗大ゴミを処分したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

この記事をサッと流し見するだけで、近所にバレずに粗大ゴミ・不用品を処分する最も良い方法をご選択いただけるようになるはずです。

自治体による粗大ゴミ処分の特徴

まずは、自治体による粗大ゴミ回収の特徴を見ていきましょう。

①料金が安い

自治体に粗大ゴミを回収してもらうメリットは、なんといっても料金の安さにあります。あらかじめホームページで料金を確認することもできます。

②回収されないゴミもある

自治体を利用するのであれば、ゴミを出す前にゴミを分別する必要があります。ゴミの種類や大きさによっていつ出すのかを、自分で事前に判断しなければなりません。ゴミを出す日を間違えれば、収集してもらえません。

また、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などの家電リサイクル法対象品は回収してもらえません。

③指定された場所まで運ぶ

自治体に粗大ゴミの回収を依頼した場合、決められたルールに沿って処分します。指定された日時に指定の場所まで、自分で粗大ゴミを運ばなくてなりません。

ルール1:時間

たとえば、平日の朝8時までに粗大ゴミを出しておくなど、各自治体ごとに決められたルールがあります。

ルール2:置き場

また、一戸建てならば玄関先など家の前に、マンションならば粗大ゴミ置き場というように、場所も指定されています。

もしくは、各々が市区町村の管理するクリーンセンターに持ち込まなくてはならない場合もあります。

ですが、女性や高齢者の場合、大半の家具家電を一人で運ぶのは大変です。
一人では動かせない大きさや重さのある粗大ゴミを運び出すとなると、誰かに手伝ってもらわなければなりません。

もし無理をすれば腰を痛めるようなこともありますし、怪我をするリスクもゼロではありません。

④料金は前払い

料金の支払いは事前に有料シールをコンビニなどで購入し、粗大ゴミに貼っておかなくてはなりません。

しかし、せっかく処分品の料金を調べても、販売店によっては一定額のシールしか取扱っていない事もあり、コンビニ巡りをする羽目になることもあります。

 自治体の粗大ゴミ処分は近所にバレないか

粗大ゴミの処分において、自治体を利用する場合、近所にバレないようにするのは少々困難です。

なぜなら、指定された日時に指定の場所まで、粗大ゴミを自分で運ばなくてはなりません。

自宅の前やマンションの周りが指定場所になる事も多く、粗大ゴミを運んでいる時に、近所の人と遭遇する可能性もゼロではありません。

粗大ゴミの量が多いと必ずバレる

粗大ゴミを運んでいれば目立ちますし、すぐに回収に来てくれるとも限りません。

名前入りのシールを貼った粗大ゴミを長時間放置しておけば、その分、人目にも触れます。
近所の人が見たら、誰が出したゴミなのかわかってしまうでしょう。

自治体の粗大ゴミ処分が近所にバレる2つの理由

自治体を利用した場合、近所にバレないようどんなに静かに作業したとしても、以下の2つの点からどうしてもバレやすいのです。

  • 指定された場所や日時にゴミを運び出さなくてはならないこと
  • 名前入りのシールをゴミに貼っておくこと

近所にバレないよう粗大ゴミを処分したいのであれば、自治体での処分は不向きかもしれません。

業者による粗大ゴミ処分の特徴

粗大ゴミ回収業者の特徴

粗大ゴミの回収には、自治体に依頼するほか、業者に依頼する方法があります。

もし粗大ゴミを近所にバレずに処分したいなら、あらかじめ伝えておくことで配慮の行き届いた作業が行われます。

①一度で片付けられる

粗大ゴミの処分を業者に依頼するメリットは、たとえ量が多くても一度で粗大ゴミを回収してもらえるという点です。

ゴミの数が多い場合は、トラック積み放題などのパックプランもあります。

自治体では引き取ってもらえない家電リサイクル法対象品も、業者なら引き取ってくれます。

②部屋の中まで引き取りに来てくれる

重いものを自分で運ぶ必要がないので、怪我をするリスクがありません。

業者に依頼すれば、自分で決められた場所に運び出す必要はなく、部屋の中まで引き取りに来てくれます。

③希望日を指定できる

自治体に依頼するとなると、粗大ゴミ回収の日時が決められています。また、土日や祝日は対応していません。
しかし、業者ならば土日も対応してくれますし、早朝や夜間の対応が可能な業者もあります。

④買取をしてくれる業者もある

粗大ゴミの中には、リサイクルして使えるものが紛れていたりします。そんな時は業者がその場で査定して、粗大ゴミを買い取ります。
そして、買い取った金額分を粗大ゴミ回収料金から差し引いてくれる場合もあるので、お得に利用できます。

不用品回収業者だと近所にバレない2つの理由

近所にバレないよう粗大ゴミの処分をしたいのであれば、業者に依頼するのが安心です。業者なら、近所にバレないように作業したいという要望にも応えてくれます。

近所にバレにくい日時を指定できる

たとえば、業者に依頼する場合、自分の希望の日時を指定することができます。

人目に触れづらい時間帯を選んで業者に来てもらえば、近所にバレないよう作業を終わらせることも可能です。

料金は若干割増になりますが、早朝や夜間の対応が可能な業者もあります。
夜間に作業を行う場合でも、近所にバレないよう静かに行うなど配慮してくれます。

業者は様々な経験から、近所にバレないように片付ける方法を熟知しています。

近所にバレない片付け作業にも慣れている

回収に来るまで、粗大ゴミを人目に触れる場所に放置することもありません。

家から離れた場所にトラックを停めるなど、近所にバレないよう最大限の注意を払った作業が行われます。

不用品回収業者の粗大ゴミ処分はパック料金がお得

無料見積もりを行なっている業者は多いので、事前に料金を確認することができます。

目的を伝えれば一番お得な料金パックを利用できる

業者の料金体系には、一般的に品目ごとの料金とトラック1台分などのパック料金があります。

品目ごとの料金では、業者によって別途基本料金がかかる場合があります。

基本料金とは車両費のことで、大体3,000円から5,000円程度かかります。

ゴミの量が多い場合は、トラック積み放題などのパック料金が圧倒的にお得になります。

軽トラック積み放題の相場は1〜3.5万、2tトラックで5万からになります。ゴミの大きさや高さによって、利用するトラックは変わってきます。

料金と配慮して欲しいことあらかじめ伝える

近所にバレないように粗大ゴミを片付けるのであれば、業者に頼むのが安心です。前もって伝えておけば、対応してくれる業者もありますし、近所にバレないで作業を行うプランを用意している業者もあります。

もしも、近所にバレないように粗大ゴミを処分したいのであれば、業者に依頼する際に「近所にバレないようにしてほしい」ということを事前に必ず伝えておきましょう。

不用品回収受付センターで紹介介している優良回収サービスは、一定の基準に合格した事業者のみ扱っておりますので安心してご利用いただけます。

2019/04/26 13:26(金) 現在「お客様が選んだNo.1業者」