ゴミ屋敷の片付け・清掃業者を業者をとにかく激安・格安で利用する方法

ゴミ屋敷の清掃業者をとにかく激安・格安で利用する方法

ゴミ屋敷の清掃業者をとにかく激安・格安で利用する方法を紹介します。

家の敷地が足の踏み場もないほどゴミで埋め尽くされているゴミ屋敷。住人自身の健康被害はもちろん、悪臭やゴミの道路占拠など、ご近所にも迷惑をかけてしまうので少しでも早く片付けることが望まれています。

しかし、ゴミ屋敷ほどの大掛かりな清掃(片付け)は、体力的にも時間的にも個人で行うレベルを超えています。

業者へ依頼する場合も、スタッフ数名の人件費やトラックなどの車両費など、高額な料金になることが考えられます。

どのようにすれば、安くゴミ屋敷を清掃(片付け)することができのでしょうか。

本記事では、ゴミ屋敷の清掃を格安で業者に依頼する方法をご紹介します。

ゴミ屋敷を激安で片付ける方法

①自分で掃除する

極力業者へ依頼せず、自分で掃除するのが一番安い方法です。しかし、結局は車両費や処分経費がかかってしまいますので、その分の予算をみておく必要があります。

ゴミの面積や住宅環境にもよりますが、「トラック代1日10,000円+収集袋100枚以上1,000円~+手伝い人へ心づけ1人10,000円~+ゴミ持ち込み処分費用1,000~」など、少なくとも5~10万円はかかります。

またゴミ回収業者によっては清掃費用もセットになっていますので、ゴミ回収だけ依頼して清掃は自分でやるようにすれば、その分の費用を浮かせることができます。

②激安を謳う業者に依頼する

インターネットなどを利用して、激安をうたう業者に直接依頼する方法です。もちろん安い良心的な業者もいます。

しかし、なかには外に置いてあるゴミを回収するだけなら安いけど、それ以外はすべてオプション料金がかかるなど法外な料金を請求したり、作業が雑であったりする業者も存在するので注意しましょう。

回収業者に何をしてほしいのかをしっかり伝え、そのひとつひとつ、何にいくらかかるのかを明らかにすることが大切です。

そうした細かな見積もりを取っておくことで「初めに取り決めた内容でやってください。それ以上払いません。」ということができます。

③業者の比較サイトを利用する

もっとも安心なのは、条件を満たした業者だけが登録できる比較サイトを利用する方法です。営業に必要な公的資格の取得などが条件になっているため、優良な業者に安心して依頼することができます。

またそういった業者は、無駄をなくし最短で作業をしてくれるので、結果として料金も安くなる傾向にあります。一括見積もりできるサイトを利用して、一度に複数の見積もりをとって比較しましょう。

ゴミ屋敷の激安・格安・安い業者の選び方

ゴミ屋敷の激安業者の選び方

「一般廃棄物収集運搬業」「遺品整理士」「古物商許可」などの資格を確認

ゴミ屋敷の片付け業者のなかには無資格で営業している業者も存在し、作業後に法外な値段を請求されたり、大切な品まで捨てられたりすることもあります。上記の資格をもっていれば、ある程度信頼してよいでしょう。

比較サイトで口コミを確認

しっかりと営業している業者であれば、サイトに登録し、良いレビューをもらっています。とくにレビューにはスタッフの人柄や作業の丁寧さなどについて書かれていることがありますので、確認してみましょう。

見積もりサイトを利用して複数社を一度に見積もり

安い業者に依頼するには、複数の業者から見積もりを出してもらい比較することが一番良い方法です。一括見積サイトなどを利用すれば最短で複数社の見積もりをとることができるのでおすすめです。

一括見積もりサイトの多くは、登録業者のサービスの質を検証していますので、悪質な業者に依頼してしまうリスクを減らせます。

また複数社の見積もりから最も条件に合う安い業者を選ぶことができますので、インターネット調査に多くの時間を割かなくても済みます。

ゴミ屋敷の清掃を業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリット

ゴミ屋敷を片付けたいけど自分ではできる自信のない方、家族・親族の片づけを依頼したいけど作業イメージがわかない方でも分かるよう、業者に依頼するメリット・デメリットをまとめました。先ずは以下のメリットから確認していきましょう。

周囲の目を気にせず片付けできる

片付けをしたいけど近隣の目などが気になる方におすすめなのが業者を利用すること。業者へ依頼すれば最短で片付けをすることができ、好きな時間帯に作業の依頼を相談できるため、近隣から知られるリスクを最小限にすることができます。

迷惑をかけずに片付けできる

ゴミ屋敷の片付けは大型の家電や家具、膨大なゴミの処分が必要となるため、単身者やご高齢の方では作業ができない場合が多く、家族・親戚や友人・知人など、誰かしらに片付けを頼まれければなりません。

第3者である業者に依頼すれば、プロの仕事として作業を行ってくれますので、周囲へ迷惑をかけずに片付けをすることができます。

時間をかけずに片付けできる

ゴミ屋敷になるほどの大量のゴミを住人だけで片付けする場合、トラックや解体機材を用意する必要もあるため、「ゴミ屋敷清掃計画」といえるようなプランを立てるなど清掃前にも膨大な労力がかかります。

業者へ依頼すれば専門のスタッフが数名でうかがい、ゴミトラックなど必要な手配もすべて済ませてくれるので、数時間~1日程度で作業を完了することができます。

体力のない方でも片付けできる

圧倒的なゴミの量を片付けるためには、相応の体力が必要です。また家電や家具など、一般的な単身者や高齢者では片付けることができないゴミも大量に出てきます。

体力面で不安をかかえる人でも、業者へ依頼することで大量のゴミを片付けることが可能です。

遺品整理、貴重品を分けて残すことができる

ゴミ屋敷のなかには、住人にとってかけがえのない大切な品や、故人の遺品が多く紛れ込んでいます。それらの大切な物を捨てるわけにはいきませんが、自分でゴミ処理をしながら整理をするのは至難の業です。
業者へ依頼すれば、経験豊富なスタッフが丁寧に開封検品しながら遺品整理、貴重品の分別を行ってくれます。業者の作業が不安な方は「遺品整理士」が在籍している業者を選ぶようにすれば安心です。

買い取りも依頼できる

「古物商許可証」をもっている業者であれば、ゴミの回収だけでなく、買い取りも依頼することができます。まだ使えそうな家電や、故人の遺品である絵画など、必要ないけどお金に換えられるものがある場合は利用しましょう。

ハウスクリーニング、消臭、消毒もまとめて依頼できる

ゴミを処分しても壁や床の変色、異臭などがあれば住むのに支障がでることも。多くの業者ではゴミを処分後のハウスクリーニングを受け付けているので、利用することをおすすめします。

専門のスタッフが専用の道具でクリーニングし、消臭や消毒まで行います。

ゴミ屋敷の業者に依頼するデメリット

業者へ依頼する唯一のデメリットは、「最低限の人件費がかかる」こと。作業員を拘束することになるので、その分の人件費を支払わなければなりません。
そのほか、「車両費」や「処分にかかる経費」を請求されることがありますが、これは自分で片付けをする場合にも必要な経費です。きちんと見積もりをとって、経費について確認しましょう。

ゴミ屋敷清掃業者の基本的な料金

業者に依頼する場合の主な料金の内訳は「車両費+人件費+処分経費」です。優良な業者であれば細かく見積もりを出し、疑問があればしっかりと答えてくれます。

買い取りを依頼すれば、上記の料金から買い取り額を差し引いて計算されます。

まとめ

足の踏み場もないほど散らかったゴミ屋敷の片付けは、業者依頼するのが一番良い方法です。その場合、料金の負担が大きくなるので、なるべく安い業者を見つける必要があります。一括見積りサイトを利用すれば、サイトへの登録条件を満たした優良な業者のなかから、一番安い業者を選ぶことができます。
サイトを利用して、賢く最短最安の片付け業者を見つけましょう。

不用品回収受付センターで紹介している優良回収サービスは、一定の基準に合格した事業者のみ扱っておりますので安心してご利用いただけます。

2019/04/21 09:51(日) 現在「お客様が選んだNo.1業者」