1DKの片付け費用はどれくらい?片付け業者を安く使う6つのコツ

1DKの片付け費用はどれくらい?片付け業者を安く使う6つのコツ

片付け業者を利用する際に最も気になるのが費用でしょう。

「片付けにいくらかかるのか?”「見積もり以上の料金を請求されるのか?」「ホームページに掲載されている料金と同じにしてもらえるのか?」など疑問や不安はたくさんあると思います。

そこで今回は、1DK片付けの費用相場と業者をお得に利用するための6つのコツをご紹介します。

誰でも簡単に片付け業者を利用するコツをお伝えしておりますので、ぜひ参考にしていただいて、少しでも出費を抑えてお部屋を片付けていきましょう!

1DKのお部屋の片付けに必要な適正価格を知る

片付け業者の利用が初めての人をターゲットにして、ぼったくり価格で見積もりを出すような悪質な業者が一定数存在します。

ですから、片付け業者を選ぶ前に1DKの片付けに必要な適正価格を知っておいてください。

適正価格を頭に入れておくと、ぼったくり料金を請求された場合でもすぐに見極めることができるようになります。

1DKのお部屋の片付けにかかる料金相場

1DKの片付け費用は、部屋の大きさとゴミの量、汚れ具合などによって変わります。

不用品回収の料金相場表
間取り料金
1DK5~12万円

※ゴミ屋敷の清掃や特殊清掃が必要な場合、料金が上乗せされるケースもあります

1DKのお部屋にかかる片付け料金の決められ方

片付けの料金はどのようにして決まるのでしょうか?

上記の【不用品回収の料金表】を見ていただきましたが、「金額に違いがありすぎて、いくらが適正価格なのかわかりにくい」と思われるかもしれません。

なぜ金額に差が出るのかというと、実際の作業量や清掃の必要性などが違うからです。

例えば、不用品がそれほど多くない部屋とゴミ屋敷状態の部屋では、同じ家の1DKの部屋でも作業量が大きく異なります。

このような違いがあるため、最終的には現地で見積もりを出さなければ実際の料金を知ることはできません。

ただし、業者によってはメールやオンラインで写真を送ることで、おおよその見積もりを出すことが可能です。

「不用品回収受付センター」では、メールやオンラインでも見積もり可能な業者を多数ご紹介しているのでぜひご活用ください。

1DKのお部屋の片付けで業者を安く使うための6つのコツ

1DKの片付けにかかる適正価格がわかったところで、実際に片付け業者に依頼して、安く使う方法コツを6つご紹介します。

①早めに見積もりを取る

「1日でも早く」見積もりを取ることが片付け費用を抑えるコツはです。

なぜかと言うと、当日予約など見積もりから作業までの期間が短すぎると、特急料金などの余計な料金を請求されてしまうからです。

また、片付け業者の繁忙期に依頼すると、通常よりも高い料金を請求されることが多いです。時間に余裕を持って見積もりを取り、9月、12月、3月以外の閑散期を利用して、お得な料金で依頼するようにしましょう。 

他にも、「○日前までの予約で割引」という業者もありますので、時間に余裕があれば利用してみてはいかがでしょうか。

②2社以上の見積もりを比較する

見積もりは2社以上取ることがポイントです。

特に初めて利用する際は1社では比較できないため、必ず複数の業者から見積もりをもらって料金やサービスを精査することが大切ですね。

あまりにも多くの会社から見積もりをもらうと、その分だけ見極めに時間がかかるので、3~4社ほどから見積もることをおすすめします。

不用品回収受付センターでは一度に複数社の見積もり比較ができるため、依頼場所で最も安く頼める業者を簡単に比較できます。

③値段の交渉・料金の確認をする

見積もりを比較した上で、さらに価格を下げるために「値下げ交渉」をしましょう。

なぜ値下げ交渉が有効なのかと言うと、見積もり料金は一般的な価格が提示されることが多いからです。

片付け料金の相場は作業量によって左右されることはすでにお伝えしましたが、

  • 一般的なお部屋よりも片付けがしやすい
  • ゴミが少なく、分別ができる

など、片付け業者の作業量を減らす要素があれば、料金を安く交渉する余地があります。

ご連絡の際には、ゴミや不用品をまとめたことを伝え、さらに現場を見ることで価格交渉もしやすくなるでしょう。

また、片付け業者のスタッフも契約を決めて帰りたいと考えます。その際に、値引きを条件に契約することを伝えておくと、より安い金額での交渉が成功する可能性が高くなります。

④買い取りサービスなどを確認する

自分で家の片付けをするときには不用品も出てきます。この不要品の回収には本来お金が必要です。

ただし、再利用可能な製品などの売却できる家具・家電を売ることで全体の支払いが安くなることがあります。

自分で売ったりするには家具家電の移動なども必要になってきます。

片付けのときについでに販売できるのなら手間が省けてラッキーですよね。

まだ使えそうな家具家電がある人は、買取サービスがある片付け業者を選んだほうがお得に片付けできます。

⑤専門業者を検討する

片付け業者を利用する目的が「ゴミ屋敷」や「遺品」の片付けであれば、専門業者に依頼することをおすすめします。

通常の片付け業者は、ゴミ屋敷や遺品整理のノウハウが少なく、作業に時間がかかり費用も高くなる傾向にあります。

また、遺品整理では、捨てる物と残しておく物の仕分けが必要になります。

遺品は相続対象になるので適切な処分が求められます。

このような特殊な取り扱いが必要な場合は、一般的な片付け業者よりも専門業者に依頼した方がサービスも料金も満足できるものになるでしょう。

⑥信頼できる片付け業者を利用する

悪質業者に引っかかると、見積もり後に勝手に料金がヘンコされたり、元々存在していなかった追加料金を請求されるなどの被害に遭うこともあります。

そのため、トラブルを未然に防ぐためにも、信頼できる業者を選ぶことがポイントです。

中でも、以下の点に疑問がある場合は、その業者の利用を避けるようにしましょう。

  • 電話の際に業者名や担当者名を名乗らない
  • 電話のマナーや接客態度が悪い
  • 質問に丁寧に答えなかったり、回答が曖昧だったりする

トラブルを未然に防ぐために、怪しいと思われる業者はすぐに断りましょう。

コツを押さえて片付け業者を安く依頼する

片付け業者を選ぶのが初めての方は、特に料金や適切に片付けがなされるのかどうか気になるのではないでしょうか。

理不尽な料金・悪いサービスを受けないようにするためには、何よりも業者選びが重要です。

「不用品回収受付センター」では、1DKなどお部屋の間取りや、その清掃レベルに応じて独自の料金相場を規定しております。

不用品回収受付センターにおいては、この料金規定とサービス内容の審査を通過した業者のみを取り扱っております。

初めて片付けサービスを利用される方も、正当な料金にて安心してサービスを受けてただくことができます。

安くお得な片付け業者を簡単に選ぶなら、不用品回収受付センターにお任せください。

部屋の間取り別片付け費用

1Rの片付け料金1Kの片付け料金1DKの片付け料金
1LDKの片付け料金2LDKの片付け料金3LDKの片付け料金
2020/07/15 16:29(水) 現在「お客様が選んだNo.1業者」