1LDKの片付け費用はどれくらい?片付け業者を安く使う6つのコツ

1LDKの片付け費用はどれくらい?片付け業者を安く使う6つのコツ

片付け業者を利用する際に最も気になることの一つが「費用」だと思います。

  • 片付けにいくらかかるのか?”
  • 見積もり以上の料金を請求してくるのか?
  • ホームページに記載されている料金通りなのか?

など、様々な疑問や不安があるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、1LDKの片付けにかかる料金相場と出費を抑える6つのコツをご紹介します。

誰でも簡単に片付け業者を利用できるコツをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1LDKのお部屋の片付けに必要な適正価格を知る

あなたがまず気を付けなければならないのは「ボッタクリ業者」です。片付け業者を初めて利用する人をターゲットにして、超高額料金を請求する業者が少なくありません。

そこで、ボッタクリ業者に引っかからないために知っておくべきなのが「片付け料金の適正価格」です。

適正価格を知っておけば、万が一ボッタクリな料金を請求されたとしても瞬時に見極めることができます。

1LDKのお部屋の片付けにかかる料金相場

1LDKの片付けにかかる料金は、部屋の大きさとゴミの量、汚れ具合によって様々ですが、以下が料金相場となります。

不用品回収の料金相場表
間取り料金
1LDK7~20万円

※ゴミ屋敷の清掃や特殊清掃が必要な場合は相場以上の価格になることがあります。

1LDKのお部屋にかかる片付け料金の決められ方

先ほどの【不用品回収の料金相場表】にあるように料金相場に大きな差があるので、どのくらいの金額が適正なのか少しわかりにくいかもしれません。

そこで、片付けの相場がどのように決まるのかをご説明します。

同じ1LDKの部屋でも金額がまったく違うのは、片付けに必要な作業や掃除の内容がそれぞれが違うからです。

例えば、汚れが少なく処分する不用品が少ない部屋とゴミ屋敷のような部屋では作業量が大きく異なります。

また、上記のような差があるので、最終的に現場で見積もりを取らないと実際の支払い金額を知ることはできません。

ただ、メールやネットで写真を送るだけで、おおよその見積もりを出してくれる業者もあります。

「不用品回収センターで」は、メールやネットでの見積もりが可能な業者を多数ご紹介しておりますので、まずは簡単に見積りだけでも取ってみてはいかがでしょうか。

1LDKのお部屋の片付けで業者を安く使うための6つのコツ

1LDKの片付けは決して安いとは言えません。

そこで業者を安く利用するための6つのコツをまとめたので参考にしてみてください。

①早めに見積もりを取る

片付けの出費を抑えるポイントは、「少しでも早く」見積もりを依頼することです。

なぜなら、見積もりから作業までの時間が短いと、特急料金などの追加料金を請求してくる業者もあるからです。

また、片付け依頼が立て込む時期に依頼すると、通常よりも料金が高くなってしまいます。時間に余裕を持って見積もりを取り、9月、12月、3月以外の閑散期に利用することで、料金を抑えることができます。

他にも、○日前までに予約で割引をするような業者もあるので、時間に余裕がある場合は利用してみてください

②2社以上の見積もりを比較する

2つ目の業者を安く利用するポイントは、複数の会社から見積もりを取ることです。

複数の業者から見積もりを取ることで価格やサービス内容を精査した結果、その中から一番安くて良いサービスを提供している業者を選ぶことができます。

ただし、たくさんの業者から見積もりを取りすぎると判断に時間がかかってしまうので、3~4社程度から見積もりを取るようにしましょう。

不用品回収受付センターでは一度に複数社の見積もり比較ができるため、依頼場所で最も安く頼める業者を簡単に比較できます。

③値段の交渉・料金の確認をする

相見積もり後は、さらに値下げするために「値下げ交渉」をしてみましょう。

なぜ、値下げ交渉が料金を安くするとめに有効なのかというと、見積もりが一般的な価格を提示されることが多いからです。

ですので、以下のようなスタッフの作業負担を少なくする要素があれば、値下げ交渉をして料金を安くしやすくなります。

  • 片付けが必要な範囲が狭い
  • ゴミが少なく、分別が簡単
  • 一緒に作業をすることができる

業者に連絡を際に、ゴミの分別をしたことや作業を手伝えることを伝えておくと、後々値下げを交渉しやすくなります。

また、業者の担当者も「自社で契約を取りたい」と思うでしょう。そこで、値引きを条件に契約することを伝えておくと、値下げ交渉が成功しやすくなります。

    ④買い取りサービスなどを確認する

    製造年数が新しい家電や新品の家具などは、買取サービスを利用して売却することができます。もちろん、買取価格はそのまま割引価格となり片付け料金から値引きされます。

    買取サービスを利用するメリットはと言うと、売却する家具や家電を自分で移動させる手間が一切かからないことでしょう。

    まだ使える家具や家電がある場合は、買取サービスがあり料金が安い片付け業者を選んでみてください。

    ⑤専門業者を検討する

    以下の目的で業者を利用する場合は、プロの片付け会社に依頼した方が良いでしょう。

    • ゴミ屋敷の片付け
    • 遺品整理
    • 特殊清掃

    その理由は、通常の片付け業者には専門業者に比べてゴミ屋敷や特殊清掃の専門知識が少なく、作業に多くの時間と費用がかかるからです。

    例えば、ゴミ屋敷の片付けをする場合、不用品の処分だけでなく害虫駆除や消毒・殺菌、排泄物の処理などの特殊な作業が必要となります。

    このような特別な作業が必要な場合は、通常の片付け業者ではなく、専門業者に依頼した方が料金を抑えることができますし、仕上がりにも満足できるでしょう。

    ⑥信頼できる片付け業者を利用する

    悪質業者に引っかかってしまうと「見積もりを出した後に金額が変わる」「そもそもなかった追加料金を請求されたりする」などの被害を被る恐れがあります。

    そのため、トラブルを防ぐためには信頼できる業者を選ぶことが何より大切です。

    以下の点に疑問を感じたら、その業者を利用するのは避けましょう。

    • 電話の時に業者名や担当者名を名乗らない
    • 電話マナーや接客態度が悪い
    • 質問に丁寧に答えてくれない・回答が曖昧

    トラブルを未然に防ぐためにも、怪しい業者はすぐに断ってください。

    コツを押さえて片付け業者を安く依頼する

    片付け業者を選ぶことが初めての方は、特に料金や片付けの仕方などを気にされる傾向にあります。

    不安に思われているようにボッタクリ料金で悪質なサービスを受ける事にならないためには、なによりも業者選びが重要となります。

    不用品回収受付センターでは、1LDKなどお部屋の間取りや、その清掃レベルに応じて自社オリジナルの料金相場を規定しております。

    不用品回収受付センターに掲載の業者は、この料金規定や提供サービスについて審査に合格した片付け事業者様のみを扱っております。

    初めて片付け業者を利用される方も、リーズナブルな料金で安心してサービスを受けてただくことができます。

    安くお得な片付け業者を簡単に選ぶときは、ぜひ不用品回収受付センターをご利用ください。

    部屋の間取り別片付け費用

    1Rの片付け料金1Kの片付け料金1DKの片付け料金
    1LDKの片付け料金2LDKの片付け料金3LDKの片付け料金
    2020/07/15 16:31(水) 現在「お客様が選んだNo.1業者」