1Rの片付け費用はどれくらい?片付け業者を安く使う6つのコツ

1Rの片付け費用はどれくらい?片付け業者を安く使う6つのコツ

片付け業者を利用するときに一番気になるのは「費用」ではないでしょうか。

「片付けにいくらの費用がかかるのか」「見積もり以上の料金を請求されないか」「ホームページ通りの料金で片付けを依頼できるのか」など様々な疑問や不安があると思います。

そこで、この記事では1Rの片付けにかかる費用と、片付け業者を安く利用するための6つのコツをご紹介します。

片付け会社を安く利用するコツを要点を押さえながら解説するので、どなたでも通常よりも安い料金で片付けられるはずです。

この記事を参考にして、1,000円でもお得にお部屋を綺麗にしていきましょう。

1Rのお部屋の片付けに必要な適正価格を知る

片付け業者に依頼する前に、1Rの部屋片付けの適正価格を知っておく必要があります。

適正価格を知ることで、法外な価格を請求されていないことを確認することができるからです。

もし、業者についてわからないことが多いと、片付けの相場よりも高い見積もりを出してくれる会社があっても気づかないことがあるかも知れません。

そのため、まずは料金相場を知って片付け料金が適正かどうかを確認することが大切になります。

1Rのお部屋の片付けにかかる料金相場

1Rの片付け費用は、部屋の間取りとゴミの量・種類、汚れ具合によって変動します。

不用品回収の料金相場表
間取り料金
1R3~5万円

※ゴミ屋敷の清掃や特殊清掃が必要となるケースでは、相場以上の料金になります。

1Rのお部屋にかかる片付け料金の決められ方

先ほどの【不用品回収の料金相場表】でも見たように、金額に差があるので、本当の適正価格はどれくらいなのか少し分かりづらいかも知れません。

そこで、片付けの料金相場がどのように決まるのかをご説明します。

なぜ同じ1Rの部屋で料金が違うのかというと、お部屋の片付けに必要な作業や掃除の仕方が違うからです。

例えば、不用品がそれほど多くないお部屋とゴミ屋敷状態になっているお部屋では作業量が大きく異なります。

また、このような違いがあるため、現場で最終的な見積もりをしてもらわないと実際の支払い料金を知ることはできません。

しかし、業者によってはメールやネットで写真を送っておおよその見積もりをしてくれるところも業者もあります。

「不用品回収センター」では、メールやネットで見積もりを出してくれる業者も紹介しているので、まずは簡単に見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

1Rのお部屋の片付けで業者を安く使うための6つのコツ

1Rの片付けにかかる出費を少しでも抑えていただくために、片付け業者を安く利用する6つのコツをまとめました。

早めに見積もりを取る

片付け業者を利用する前には見積もりをとるのは基本です。

安く使うためのポイントは「早く」とることです。

業者によっては、即日依頼など見積もりを取ってから実際の作業までの時間が短いと、特別料金を請求されることもあるようです。逆に、◯日前までに予約することで割引を受けられる業者もあろます。

また片付け作業の依頼が多い時期に頼むと、割引してもらえる可能性が低くなります。

余裕をもって見積もりを取って、オフシーズンに依頼することで料金を抑えられますよ!

相見積もりをして比較する

安い業者を利用するための2つ目のポイントは、相見積もりを取ることです。

相見積もり取ることで業者の価格やサービス内容を精査して、その中から一番安い業者に依頼することができます。

しかし、あまりにも多くの業者から見積もりを取りすぎると精査に時間がかかってしまうので、3~4社を選ぶようにしましょう。

不用品回収受付センターでは一度に複数社の見積もり比較ができるため、依頼場所で最も安く頼める業者を簡単に比較できます。

値段の交渉・料金の確認をする

相見積もりをした後は、さらに価格を下げるための「値下げ交渉」をしてみてください。

なぜ値下げ交渉が出費を抑えるために効果的なのかというと、見積もり価格は一般的な価格で提示されることが多いからです。

ですから、以下のようなスタッフの負担を軽減する要素があれば、値下げ交渉をすることができます。

  • 一般的なお部屋よりも片付けがしやすい
  • ゴミが少なく分別しやすい
  • 一緒に作業を手伝うことができる

連絡の際に、ゴミを分別したことなどを伝えておくと、現地見積もりの際に料金の値下げ交渉をしやすくなります。

また、業者スタッフも自分たちで契約を決めて帰りたいと思っているはずです。そのため、値引きを条件に契約すると伝えれば、値下げ交渉の成功率がアップするはずです。

    買い取りサービスなどを確認する

    新品の家具家電やアクセサリー、衣類などは、片付け業者の買取サービスを利用して売却することができます。

    買取サービスを利用するメリットは、売却する家具や家電を自分で移動させる手間がかからないことです。

    まだ再利用可能な家具家電などがある場合は、買取サービスも依頼できる業者を選んでみてください。

    専門業者を検討する

    以下の目的で片付け業者を利用する場合は、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

    • ゴミ屋敷の片付け
    • 遺品整理
    • 特殊清掃

    なぜかと言うと、一般的な片付け業者は、専門業者に比べてゴミや片付けの専門知識が乏しく、そのため作業には多くの時間と費用がかかるからです。

    例えば、ゴミ屋敷の片付けでは、不要品の処分だけでなく、害虫駆除、除菌殺菌、排泄の処理などの特殊な作業をしなければいけません。

    このような特殊な処理が必要な場合は、一般的な片付け業者ではなく、専門業者に依頼した方が価格を抑えて、仕上がり具合も満足できるものになるはずです。

    信頼できる片付け業者を利用する

    悪質な会社に引っかかってしまうと、見積もり後勝手に金額が変わってしまったり、元々は存在しなかった追加料金の請求などの被害に遭う可能性があります。

    そのため、トラブルを未然に防ぐためにも、信頼性の高い業者を選ぶことがポイントです。

    なかでも以下の点に疑問がある場合は、その業者の利用を避けるようにしましょう。

    • 電話の時に業者名や担当者名を名乗らない
    • 電話マナーや接客態度が悪い
    • 質問に丁寧に答えてくれない・回答が曖昧

    トラブルを防ぐためにも、怪しいと感じた業者はすぐに断るようにしましょう。

    コツを押さえて片付け業者を安く依頼する

    片付け業者の利用が初めての方は、利用料金や適切に片付けが行われるのかが気がかりになると思います。

    記事内でお伝えしたように、ボッタクリ料金や質の悪いサービスの被害に遭わないためには、正しい業者の選び方が欠かせません。

    「不用品回収受付センター」では、1Rなどお部屋の間取りや、お部屋の汚れ具合などに応じてオリジナルの料金相場を策定しています。この料金規定とサービス内容の審査を通過した業者のみを取り扱っておりますので掲載業者については安心してご利用ください。

    リーズナブルで信頼性の高い片付け業者を手軽に選ぶなら、不用品回収受付センターにお任せください。

    部屋の間取り別片付け費用

    1Rの片付け料金1Kの片付け料金1DKの片付け料金
    1LDKの片付け料金2LDKの片付け料金3LDKの片付け料金

     

    2020/07/15 16:19(水) 現在「お客様が選んだNo.1業者」