自治体と業者の粗大ゴミ回収の相場

業者と自治体の粗大ゴミ回収の相場をリサーチ!どちらを使えば本当にお得か丸わかり!

粗大ゴミ処分・回収の相場をご紹介いたします。

使わなくなった家具や家電を溜め込んでいないでしょうか?小さなゴミや雑誌類であれば、すぐにでも処分できますが、粗大ゴミはそう簡単にはいきません。 自治体での処分を利用するにしても、予約から回収現場までの運搬が必要になります。その上、自治体によっては回収できない品目も存在しており、結局処分しないまま時間だけが過ぎていくということも。

自治体の回収サービス以外には民間の回収業者の利用が考えられるでしょう。 自治体の処分と比較して回収業者は依頼人の負担が減ります。日程の予約さえ確保できれば後は自宅で待つだけなので、ゴミを持ち運ぶ必要がありません。気になるのは自治体サービスと回収業者の処分費用の差。

この記事では、粗大ごみの処分にかかる費用について、自治体と業者ごとにまとめてみました。また、費用の他にもサービス面での特徴も紹介してありますので、参考にしてみてください。

自治体の粗大ゴミ回収料金の相場

自治体の粗大ゴミ回収料金の相場

自治体が行う粗大ゴミ回収には税金が使用されています。そのため、住民が負担するサービス利用料金は比較的安く抑えられているのが特徴です。 なお、回収料金は各自治体により異なり、ここで紹介するのは一例になります。

粗大ごみのジャンル 回収費用
ソファー 1,800円
テーブル 1,000円
ベッド 1,500円
冷蔵庫 4,000円
食器棚 1,500円
椅子 1,600円
タンス 2,200円
ミシン 1,600円
電子キーボード 2,200円
エアコン 3,000円
テレビ 2,000円

業者による粗大ゴミ回収料金の相場

業者による粗大ゴミ回収料金の相場

粗大ごみのジャンル 回収費用
ソファー 4,000円
テーブル 2,000円
ベッド 4,000円
冷蔵庫 6,000円
食器棚 3,500円
タンス 3,000円
エアコン 3,000円
テレビ 2,000円

自治体の回収サービスを利用する際に気をつける3つのポイント

自治体の回収サービスを利用する際に気を付けたいポイント

業者と比較するとかなり安価で処分できるため、自治体の回収サービスが大変魅力的に見えるかもしれません。しかし、自治体の回収サービスで気を付けたいポイントを知らずに利用すると、後悔してしまう事になりかねません。 いくつか押さえておいて欲しいポイントを紹介しますので、それを頭に入れたうえで業者と自治体のどちらを選ぶか検討してください。

自治体には処分対象品目が定められている

自治体には処分対象品目が定められており、回収できるものが限られています。先ほど回収料金の相場で例にあげた「パソコン」「テレビ」は自治体によっては受け付けていない所もあり、回収可能地域でも別途料金が必要とされるケースもあるのです。 ある自治体で回収できないものとして指定されている品目の一例を以下にまとめてみました。

  • 家電リサイクル法対象品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機)
  • パソコンリサイクル法対象品目(液晶ディスプレイ、ノートPC、デスクトップPC)
  • 事業で発生した粗大ごみ、オフィス家具類
  • ピアノ、金庫、消火器、大型バッテリー、タイヤ
  • 有害性のあるもの、引火性のあるもの(未利用の花火・マッチ・ライターなど)、危険なもの、著しく悪臭を発するもの
  • 石油類(ガソリン、軽油、灯油、シンナー塗料等)
  • ガスボンベ(プロパンガス・酸素等)
  • 特別管理一般廃棄物(PCB部品・医療系感染性廃棄物等)
  • 毒物および劇物
  • 石・砂・土などの自然物
  • 長さや高さが180cmを超えるもの(物干し竿、サーフボードなど)
  • 大人2人で持ち上げられないような重量物

先に申しあげた通り、あくまで一例です。自治体によってはここで紹介したものについても回収可能となっているかもしれませんしかし、業者であればこのような制約をほとんど気にすることなく回収の依頼を出すことが出来ます。

指定された場所まで粗大ゴミを運ぶ必要がある

自治体の回収サービスは自宅までゴミを引き取りに来てはくれません。指定された場所に指定された時間までに運ぶ必要があります。自宅の場所によっては、指定場所までの距離が遠くなることもあり、車がないとゴミを運ぶのが難しいということにもなりかねません。 また、指定時間は大抵早朝になるので、寝過ごしてしまいゴミを出すことが出来なかったという話も多々聞きます。 指定場所が近所であっても、大型の家具を運ぶのは大変困難な作業になりますので、体力に自信のない方にはおすすめできないでしょう

回収日時を指定することが出来ない

自治体の回収サービスは任意で回収日時を決めることは出来ません。また、土日の回収も受け付けておらず、予約状況によっては1か月後になることも考えられます。 引っ越しで粗大ごみをいち早く処分する必要がある場合は気をつけましょう。

不用品回収業者の利用がおすすめな時

不用品回収業者の利用がおすすめ

費用の面では大変おすすめできる自治体の回収サービスですが、不都合な面が多々存在するのも事実です。 安く抑えられている費用の分だけ、依頼主に負担がかかるというのは仕方のないことなのかもしれません。 そこで、不用品回収受付センターでは自治体の回収サービスではなく不用品回収業者の利用をおすすめさせて頂きます

回収日時や場所を指定することができる

自治体サービスでは任意に指定することが出来なかった回収時間と場所ですが、不用品回収業者であれば自由に設定することが出来ます。 粗大ゴミは家から持ち出す必要もなく、時間帯は土日含めて早朝から深夜まで都合の良い時を選べます

追加でゴミの回収を依頼できる

依頼した後になって、更に処分したいゴミが見つかった際に不用品回収業者であれば問題なく受け付けてくれます。自治体サービスでは事前に申し込んだゴミ以外は再度予約をとる必要がありますが、不用品回収業者はある程度の融通が利くと考えて良いでしょう。 あらかじめ積め放題プランを申し込んでおけば、粗大ゴミ以外にも様々な種類のゴミを綺麗に処分してくれます。

自宅の不用品をサクッと気軽に処分したいときは、不用品回収受付センターにお任せください

2022/06/27 17:26(月) 現在「お客様が選んだNo.1業者」