ゴミ回収のトラック積み放題は本当にお得?単品回収とパック料金の選び方

ゴミ回収のトラック積み放題は本当にお得?単品回収とパック料金の選び方

不用品回収業者のゴミ回収に”トラック積み放題”というパック料金があります。

簡単に説明するとと「トラックに好きなだけゴミを積めますよ!」という事なのですが、果たしてトラック積み放題は本当にお得なのでしょうか?

ゴミの量によってはトラック積み放題を利用するよりも、単品回収を利用した方が安上がりなケースもありそうですよね。

そこで今回は、『トラック積み放題』と『単品回収』のどちらがお得なのかをどのように判断するのかお伝えしていきます!

どちらがお得なのかは様々な条件によって左右されるので、まず初めに『トラック積み放題』のメリットやデメリットなどについて詳しく説明していきますね。

ゴミ回収のトラック積み放題を詳しく解説!

ゴミ回収のトラック積み放題を詳しく解説!

トラック積み放題と単品回収のどちらがお得なのかを知るためには、トラック積み放題についてある程度の知識があるのが望ましいです。トラック積み放題について知っていれば、あなた自身でトラック積み放題を利用するべきかどうなのかを判断できます。

ここではトラック積み放題のメリット・デメリット・回収できないもの・載積量の目安をお伝えします。

トラック積み放題とは?

 

トラックへの積み放題とは、不用品回収業者が行っている定額プランのようなものです。トラックに乗せられる分だけ定額で不要品の回収をしてくれるというお得なサービスですね

平トラックなら荷台に乗るだけ、アルミバンであれば荷台の箱に収まるぶんだけ積み放題となります。

トラック積み放題のメリット

  • 見積り後にゴミが多少増えても問題ないこと
  • ゴミが多い場合は一つ一つのゴミの回収を依頼するときよりも大幅に安くなる

不用品回収のトラック積み放題のメリットは、見積り後にゴミが多少増えても問題ないことです。引っ越しや大掃除をしている場合、「これも捨てておきたかった!」などと後からゴミが増える場合もありますよね。

そんなときでも積み放題プランならトラックの隙間に積めることができるので問題なく処分することができますし、ゴミが多い場合は一つ一つのゴミの回収を依頼するときよりも大幅に安くなることがほとんどです。

また、細々したゴミや単品回収に含まれていない品目のゴミも捨てられる点が便利ですね。

トラック積み放題のデメリット

  • トラックにスペースが余っていても料金に変わりがない

トラック積み放題のデメリットは、トラックにスペースが余っていても料金に変わりがないことです。

単品回収だとゴミの数や量が少ないほどお得になりますが、トラック積み放題はゴミの数や量が少なくても料金は一定のままです。

そこで事前に『トラック積み放題を利用するべきゴミの量なのか』といったことを業者に相談して決めることをオススメします

トラック積み放題で回収できない可能性があるもの一覧

業者によってはトラック積み放題で回収できないゴミもあります。

多くの業者で回収できないものに指定されているゴミの一覧がこちら。

  • 危険物
  • 注射器などの医療系廃棄物
  • ライター・スプレーなどの可燃物
  • 動物の死がい
  • 食品や液体などの汚染物
  • 血液が付着したもの
  • 建築系廃棄物
  • ピアノや金庫などの特殊重量物

追加料金を支払うと回収してくれる場合もありますが、費用がかかるので注意しましょう。中には”なんでも”回収してくれる業者もあるので、探してみるのもいいかも知れません。

トラック積み放題でどのくらいのゴミを積める?

では実際にトラック積み放題でどのくらいのゴミを処分できるのかどうかを見てみましょう。

 

トラック積み放題における大体の目安を下記に記したので参考にしてみてください。かっこの中に記してある規模は、部屋いっぱいにゴミがあることを前提に算出しています。

  • 1tトラック(1K~1LDK程度)
  • 2tトラック(2DK~2LDK程度)
  • 3tトラック(2LDK~3DK程度)
  • 4tトラック(3LDK~4DK程度)

ちなみに軽トラックの最大積載量は350kg程度です。

一般的な重量不用品を考えてみるとほとんどのものが一度に載せられます。

  • 洗濯機(中型)70kg程度
  • 冷蔵庫(中型)60kg程度
  • ソファー(2人掛け)30kg程度
  • ダイニングテーブルセット(4人)20kg

※最大積載量には運転者の体重も含まれます

道路交通法によると、積み荷は車両の長さの10%まで車両からはみ出して積載することができるとされています。この辺りの計算は業者さんが行うはずなのであなたが計算する必要はありませんが、念の為知っておくと交通違反を未然に防ぐことができます。

トラック積み放題と単品回収の相場料金を比較

トラック積み放題と単品回収の相場料金を比較

トラック積み放題の相場料金

トラック積み放題と単品回収のどちらがお得なのかを知るためには相場料金を知っておく必要があります。

まずはトラック積み放題の相場料金から見てみましょう。

まずはプランごとの相場料金です。

プラン名 相場料金
軽トラック積み放題 約4,500円〜20,000円
2tトラック積み放題 約14,500円〜60,000円
4tトラック積み放題 約30,000円〜200,000円

次に間取り・世帯人数ごとの相場料金です。

【平屋のゴミ回収料金相場】

間取り
/人数
単品回収 ワンルーム・1DK 1LDK・2K・2DK 2LDK・3K・3DK 3LDK・4K~
単身 平均9,720円 平均48,480円 平均69,700円 平均148,640円 平均182,320円
2人家族 平均10,540円 平均59,500円 平均78,520円 平均165,330円 平均211,530円
3人家族 平均12,480円 平均61,420円 平均94,550円 平均167,250円 平均226,800円
4人家族以上 平均23,750円 平均123,820円 平均181,260円 平均236,320円

【2階建てのゴミ回収料金相場】

間取り
/人数
単品回収 2LDK・3K・3DK 3LDK・4K 4LDK・5K~
3人家族以下 平均12,220円 平均205,340円 平均260,320円 平均286,850円
4人家族 平均9,850円 平均211,480円 平均278,700円 平均312,100円
5人家族以上 平均22,220円 平均212,000円 平均303,580円 平均325,330円

単品回収の相場料金

単品回収の料金は業者ごとに大きく異なることもありますが、目安として参考にしてみてください。

品目 料金 品目 料金
パソコン 1,500円 液晶テレビ 2,000円
冷蔵庫 3,500円 洗濯機 2,000円
エアコン 5,000円 ミシン 1,500円
ストーブ 1,000円 プリンター 1,000円
タンス 5,000円 ベッド 3,000円
本棚 3,000円 ソファー 7,500円
テーブル 2,000円 コタツ 2,000円
自転車 3,000円 寝具 500円~

トラック積み放題でゴミ回収をする方がお得なケースは?

トラック積み放題でゴミ回収をする方がお得なケースは?

ゴミ回収が1〜4点ほどの場合は単品回収のお得なケースがほとんどでしょう。

しかし、トラック積み放題を利用するべきケースはたくさん存在します。

例えば次のようなケースはトラック積み放題を利用したお得にゴミを処分することができます。

  • 引っ越し先に持っていけない家財道具を全て処分したい
  • 家をリフォームするときに物を全部処分したい
  • 冷蔵庫や物置の中身を含めて全部処分したい
  • ゴミがたくさんあって分別できない
  • ゴミ屋敷を綺麗に片付けたい
  • 細々したゴミが多い

このようなケースは迷うことなくトラック積み放題を利用するべきです。

ただし、単品回収とトラック積み放題のどちらがお得なのか判断が微妙な場合は業者の判断に任せてみましょう。

業者に判断を委ねる場合は、1つの業者だけでなく複数の業者で見積もりを取ると最もお得な料金でゴミを回収することができます。

ゴミ回収のプランに迷っているのであれば、まずは業者に連絡してみて見積もりを取ってもらってくださいね。

2022/06/27 11:48(月) 現在「お客様が選んだNo.1業者」