なんでも回収業者「生活ゴミ・汚物・事業ゴミetc..」どんなものでまとめて格安処分

不用品なんでも回収「生活ゴミ・汚物・事業ゴミetc..」どんなものでまとめて格安処分!

 

処分方法がわからない・処分手順が面倒・自治体で処分できないゴミはありませんか?

そのような処分に困るゴミは不用品回収業者に依頼することで、なんでも簡単格安で処分してくれます。

今回は実際にどんな処分に困るゴミを回収してくれるのか、実例を挙げながらご紹介していきます。

家庭ごみはもちろん、ゴミ屋敷のような大量のゴミ、事業ゴミまで幅広くご紹介するので参考にしてみてください。

 

なんでも回収できる不用品回収業者のゴミ回収事例

なんでも回収できる不用品回収業者のゴミ回収事例

ゴミ回収事例①【家電4品目】

家電リサイクル法という法律があるため、家電4品目に該当する家電製品は原則として購入した量販店に引き渡して処分しなければいけません。

家電4品目に該当する家電製品

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

これらは購入した量販店に引き渡すことになっていますが、時間の都合が取れなかったり購入した量販店がわからない・潰れている可能性もあります。

そのような場合に不用品回収業者を利用しましょう。

不用品回収業者は家電4品目もすべて回収してくれます。さらにエアコンの取り外しを無料で行ってくれる業者も多く安値で処分することが可能なんですね。

また、まだ利用価値があるものについては買取処分してくれる業者もあります。家電4品目を処分する場合はエアコン取り外し無料・買取可能な不用品回収業者を探してみてください。

ゴミ回収事例②【パソコン】

パソコンも家電4品目と同じように自治体で処分することができません。

パソコンを処分するにはリサイクルショップやPC専門ショップに持ち込む方法などありますが、近くにそのようなお店がない場合はわざわざ遠くまで出かけるのも面倒だと思います。

そのような場合はパソコンを専門に取り扱っている業者で回収処分してもらいましょう。

パソコン内にはあなたの大事なデータや個人情報が残っています。適切な方法でデータを消去しなければデータを復元したり悪用されるリスクがあります。

だからこそ、パソコンを回収処分するときはデータの完全削除まで代行してくれる専門業者に依頼してください。

ゴミ回収事例③【自治体で回収処分できないゴミ】

自治体で処分できないゴミは家電4品目、パソコン以外にも沢山あります。

その一例を列挙してみます。

  • カセット式以外のガスボンベ
  • 石油類(ガソリン・軽油・灯油・シンナーなど)
  • 塗料
  • 薬品類
  • 印刷用インク
  • バッテリー
  • 花火
  • マッチ
  • 消火器
  • タイヤ
  • ピアノ
  • 耐火金庫
  • ブロック
  • 汚泥
  • スプリング入りマットレス
  • スプリング入りソファー
  • 物干し台

自治体によってはこれら以外のものも回収処分できません。(詳しくは各自治体のホームページを参照してください。)

これらの自治体で回収処分できないゴミこそ不用品回収業者で回収してもらうべきです。

不用品回収業者なら、重たくてお家から搬出できないピアノや金庫なども作業員が搬出から回収まで行ってくれます。

その他にも自治体で処分してもらえないものだけでなく、処分方法がわからないゴミも不用品回収業者なら回収処分可能です。

ゴミ回収事例④【腐敗したゴミ】

不用品回収業者なら腐敗しているゴミも回収処分できます。

特に不用品回収業者への依頼が多い腐敗物は、腐った食材が入ったままの冷蔵庫です。食材が入ったままの冷蔵庫の中では食材が腐敗し、カビが生え、虫が湧いて到底自分で処理できる状態ではなくなっています。このような扉を開けるのが恐ろしい腐敗した冷蔵庫が不用品回収業者によって回収処分されています。もし、あなたのお家に中身の状態が不明の冷蔵庫あるなら不用品回収業者に任せましょう。

その他にも大量の腐敗した生ゴミ、虫が湧いて手も付けられないゴミなどの回収も可能です。

ゴミ回収事例⑤【ゴミ屋敷】

不用品回収業者への依頼が多く最近でも話題になっているのがゴミ屋敷の清掃です。不用品回収業者の中にはゴミ屋敷専門業者があるほどゴミ屋敷の清掃は需要があるんですね。

不用品回収業者のゴミ屋敷清掃は基本的に次の手順で行われます。

  • 見積もり
  • 打ち合わせ
  • 仕分け作業
  • 選別作業
  • ハウスクリーニング

まずはゴミ屋敷の清掃にいくらの料金が必要なのか見積もりをします。大体の不用品回収業者では見積もりが無料なので気軽に見積できますよ。

見積もり後には打ち合わせをして、希望プランや作業日・作業時間を話し合います。作業時間は日中だけでなく早朝や深夜にも対応している業者があるので仕事で忙しい場合でも時間に融通を利かせてくれます。

プランや日時が決まるといよいよ作業開始!作業ではゴミの仕分け・選別・回収を行います。お家の中のゴミや不用品がなくなった後にハウスクリーニングをして入居当初のような輝きを取り戻してくれますよ!

また、ゴミ屋敷の住居人で多いのが20代〜30代の女性。若い女性に配慮して女性スタッフによる作業が可能な業者普段着で近所バレしにくい格好で作業を行う業者もあります。

あなたの希望や生活スタイルに合わせた業者を探してみてくださいね。

ゴミ回収事例⑥【遺品整理】

遺品整理もゴミ屋敷と同様に個人で片付けるには難しく十分な知識がなければ最後まで作業をやり遂げられません。

特に遺品整理の場合は何でもかんでも処分すればいいというわけではなく、思い出の品などは残し、場合によっては遺品の供養なども必要となります。

遺品整理の作業では基本的に分別→回収→掃除”を繰り返します。掃除をしながら必要なもの、形見、思い出の品を探し出して遺族に引き渡すということを行います。当然不要になった家具やゴミなどは回収処分してくれます。

遺品整理を不用品回収業者に依頼するときは、必ず【遺品整理士】がいる業者に依頼しましょう。遺品整理士とは『遺品整理士認定協会』の認定を受けた人のことで法規制に従って遺品を整理してくれます。

悪徳業者に騙されないためにも、遺品整理士の有資格者がいる業者の中から依頼する業者を選ぶようにしてください。

ゴミ回収事例⑦【事業ゴミ】

不用品回収業者は自治体では回収できない事業ゴミも回収することができます。

事業ゴミとは、事務所・飲食店・商店・小売・学校・ホテル・旅館・不動産管理などから出るゴミを指します。

ゴミの種類は可燃ゴミ・不燃ゴミ・リサイクルゴミからOA機器・事務用品・暖房器具・機密情報の廃棄まで幅広く対応しています。

事業ゴミの回収を契約するまでのステップは以下の通り。

  • 連絡⇛事業所などへの訪問
  • 収集品目や量などの確認
  • 収集日・回数・場所の確認決定
  • 料金体系の提案・打ち合わせ

基本的にこのようなステップで契約に至ります。

事業ゴミの回収は定期的な回収だけでなく、事務所移転などによるデスクやイス、備品などの一斉処分にも対応しています。

目的に応じた最適な不用品回収業者を選ぶには?

目的に応じた最適な不用品回収業者を選ぶには?

不用品回収を安心して任せるためには、それぞれのサービスを専門に取り扱っている業者に任せるのがセオリーです。

ゴミ屋敷清掃ならゴミ屋敷専門業者、遺品整理なら遺品整理を専門としている業者に依頼すると作業効率もよく安心して依頼することができます。

そして、もう1つは複数の業者で見積もりを取ることが重要です。複数の業者で見積もりを取ることで最安値の業者に依頼できますし、対応が悪い業者を検討リストから排除することもできます。

不用品回収業者の中には悪徳業者が存在することも確かですから、トラブルに巻き込まれないためにも事前に口コミや回収事例をチェックして安心して任せられそうな業者で見積もりを取ってみてください。

 

2019/06/17 14:36(月) 現在「お客様が選んだNo.1業者」