生ゴミ捨て方アイキャッチ

生ゴミのおすすめの捨て方を解説!臭くならない悪臭対策も紹介

臭くならない生ゴミのおすすめの捨て方について解説します。

生ゴミを放置すると、水分や温度によって悪臭が発生し、ひいては食中毒などの原因を招いてしまいます。

そこでここでは、悪臭を防ぎ、臭くならない生ゴミのおすすめの捨て方を解説します。

また、こちらでは、生ゴミやゴミ屋敷、汚部屋の片付けに対応してくれる優良な不用品回収業者をご紹介しています。すぐに安心して依頼できる不用品回収業者を見つけたい方は参考にしてみてください。

おすすめ不用品回収業者ランキングを見てみる

生ゴミが臭くならないおすすめの捨て方

放置すると悪臭を放つ生ゴミ。しかし、捨て方を工夫すれば生ゴミの悪臭を抑えることが可能です。

ここでは、悪臭が発生しないように、生ゴミが臭くならないおすすめの捨て方について解説していきます。

1.生ゴミを新聞紙で包む捨て方

生ゴミの悪臭を防ぐ捨て方の一つに、新聞紙にくるんで捨てる方法があります。

新聞紙に使用されている紙は木材が原料になっており、木材の繊維質であるセルロースは隙間の多い構造となっています。生ゴミを新聞紙にくるむ捨て方であれば、生ゴミの水分を吸い取り、悪臭を防ぐことが可能なのです。

また、新聞紙に使用されているインクにはカーボン(炭)が含まれており、カーボンには臭いを吸着・消臭する効果が期待できます。

つまり、生ゴミを新聞紙でくるむ捨て方であれば、嫌気性微生物の繁殖と臭いを同時に抑えられるので、非常に効果的なのです。

2.重曹を使った生ゴミの捨て方

既に悪臭を放ってしまっている生ゴミには、重曹を使った生ゴミの捨て方が有効です。

生ゴミは酸化する過程で腐敗臭を放つようになりますが、そこに重曹を振りかけると重曹のアルカリ性で中和されるので、消臭効果を期待できます。

捨て方に関しては、粉状の重曹を生ゴミに直接まぶす捨て方の他、重曹スプレーを生ゴミに吹き付ける方法があります。

重曹スプレーの作り方は以下を参考にしてみてください。

  • スプレー容器等に水100ml、小さじ1の重曹を入れる
  • 多めに作り、都度小分けにして使用する方法がおすすめ

3.酢を使った生ゴミの捨て方

酢を使った生ゴミの捨て方も、悪臭対策には有効な方法です。

酸性である酢は、アンモニア臭や生臭さの原因であるアルカリ成分を中和する働きがあります。

また、酢の主成分である酢酸はph値が低く、酢の中で数分のうちに死滅するといわれている細菌などの微生物が生息できないのです。

ただし、生ゴミを捨てる際に使用する酢には、砂糖などを含まない、純粋な酢を使用しましょう。使い方に関しては、以下を参考にしてみてください。

  • 1:1の割合で酢と水を混ぜ合わせる
  • 生ゴミに酢スプレーを吹き付ける

ゴミ箱の底にキッチンペーパーを敷いて、酢スプレーを吹き付けてゴミ袋を張る方法も有効です。

    4.クエン酸を使った生ゴミの捨て方

    クエン酸を使った生ゴミの捨て方も、悪臭対策に効果的です。

    クエン酸は酢と同様に酸性の成分であり、生ゴミの臭いの原因であるアルカリ性成分を中和させ、有効に働きます。

    また、生ゴミ以外に、カビの増殖を防ぐ効果もあるので、台所にクエン酸を一つおいておくのもおすすめです。

    クエン酸を使った生ゴミの捨て方は、そのまま生ゴミに振りかける他、クエン酸スプレーを生ゴミに吹き付ける方法があります。

    クエン酸スプレーの作り方は以下を参考にしてみてください。

    • 水200mlに対してクエン酸小さじ1を入れる
    • 溶け残りがないようによく振る
    • 生ゴミにクエン酸スプレーを吹き付ける

    5.コーヒーカスを使った生ゴミの捨て方

    コーヒーカスを使った生ゴミの捨て方も、悪臭対策には有効な方法です。

    コーヒーカスは酸性成分であるので、アルカリ成分を中和させ、生ゴミの臭いの発生を防ぐことができます。

    ただし、濡れた状態のコーヒーカスを使用するとカビの発生が懸念されるので、乾燥させてから生ゴミに振りかけましょう。

    6.塩を使った生ゴミの捨て方

    塩を使った生ゴミの捨て方も、悪臭対策には有効な方法です。

    塩には浸透圧による脱水作用があり、濃度2%以上の食塩水は、生ゴミから水を吸い出し、腐敗するスピードを遅らせる効果があります。

    野菜などの生ゴミの場合、浸透圧は概ね1.0MPa以下のものがほとんどです。濃度2%以上の食塩水の浸透圧は1.72MPaなので、浸透圧の差によって野菜などの細胞内から脱水され、生ゴミを腐れにくくするのです。

    使用する塩は市販の食塩で問題ありません。塩を使った生ゴミの捨て方は以下の通りです。

    • 生ゴミに塩を振りかける
    • 生ゴミに濃度2%以上の食塩水(水100mlに対して塩2g)をスプレーする

    7.お菓子袋を使った生ゴミの捨て方

    お菓子袋を使った生ゴミの捨て方も、悪臭対策におすすめの方法です。

    お菓子の袋は空気の透過率が非常に低く、ポリ袋と比べ1/1,000程度といわれています。

    ポリ袋に生ゴミを入れて縛っても臭いが漏れ出すのは、ポリ袋の透過率が高いためで、どうしても悪臭が漏れやすいのです。

    捨て方は、生ゴミをお菓子の袋に入れて密封する、もしくはポリ袋に入れた生ゴミをお菓子の袋に入れるだけです。どちらも予め、生ゴミの水分を紙などで吸収しておく必要があります。

    手間の掛からない生ゴミの捨て方

    くらしのマーケット特徴

    新聞紙に包む方法や重曹を使った方法など、生ゴミの捨て方にはいろいろとあります。しかし、生ゴミは日々排出されるので、もっと手軽に処分したいものです。

    ここでは、手間の掛からない生ゴミの捨て方について紹介しいます。

    1.コンポストを使った生ゴミの捨て方

    コンポストを使った生ゴミの捨て方は、手軽に導入できる方法の一つです。

    コンポストとは生ゴミを堆肥化する容器で、土を入れた中に生ゴミを入れると土作りを行うことができます。

    価格は4,000円~5,000円程度と比較的安価なので、手間の掛からない生ゴミの捨て方を模索している人にはおすすめです。

    2.生ゴミ処理機による捨て方

    生ゴミ処理機による捨て方であれば、より手軽に生ゴミを処分することが可能です。

    生ゴミの水分を温風で乾かし除菌脱臭するので、生ゴミの悪臭からも開放されます。

    最近では、生ゴミ処理機が予め設置されているケースも多くあります。設置されていない場合でもさほど場所は取らないので、マンションなどでも手軽に導入することが可能です。

    3.ディスポーザーによる生ゴミの捨て方

    ディスポーザーによる生ゴミの捨て方も、生ゴミ処理の手間を軽減してくれます。

    ディスポーザーとは、シンクの下に設置する生ゴミ粉砕機で、粉砕処理することによって、水とともに下水に流すことが可能です。

    導入コストは高いですが、生ゴミ処理の手間を大幅に軽減できるので、設置を検討するのも悪くありません。

    ただし、自治体や賃貸物件などによっては、設置を禁止しているケースもあるので、予め確認することが必要です。

    日頃気をつけたい生ゴミの取り扱い方

    生ゴミの悪臭は水分が多い、気温が高い、通気性が悪い3条件が揃うとより酷くなります。

    生ゴミの悪臭をできるだけ抑えるためにも、日頃から以下の取り扱い方法を試すことをおすすめします。

    生ゴミを溜め込まない

    自治体によって異なるものの、一般的には生ゴミ(燃えるゴミ)の収集日は週2回程度です。

    そのため、タイミングによっては生ゴミを溜め込む期間が長くなってしまい、より臭いがきつくなります。日頃から生ゴミを溜め込まない習慣を作るようにしましょう。

    特に、夏場は生ゴミの腐敗進行が早いため、三角コーナーに放置するのは半日以内としてください。早い段階で水気を切り、生ゴミを捨てるようにすることが重要です。

    三角コーナーに生ゴミを捨てない

    生ゴミは水分を含むと悪臭の原因となるので、生ゴミに水がかからないようにすることも重要です。

    しかし、三角コーナーをシンクに置いていると、調理中に水がかかってしまうことも度々あります。

    そのため、三角コーナーに生ゴミを捨てず、その都度新聞などにくるんで捨てると、水がかからず臭い防止に繋がるので、合理的な捨て方といえるでしょう。

    事実、最近では三角コーナーを設置しない人も多いので、三角コーナーに生ゴミを捨てない方法を検討するのも悪くありません。

    生ゴミを冷蔵庫・冷凍庫に保管

    生ゴミを冷蔵庫・冷凍庫に保管する捨て方であれば、ゴミの収集日まで臭いを一切出さず、処分することが可能です。

    生ゴミを凍らせてしまえば、悪臭の原因となる水・温度を排除できる上、すぐにでも実践することができます。

    生ゴミをフリーザーバッグに入れてしまえば良いだけなので、非常に手軽な捨て方でおすすめです。

    生ゴミに火を通す

    生ゴミに予め火を通す捨て方も、日頃から行いやすい方法の一つです。

    野菜くず、魚の内臓、肉など、生ゴミの品目を選ばず実践できるので、調理後にまとめて火にかけることができます。

    水気を切る作業を行わなくてもいいので、一つの選択肢として検討してみると良いでしょう。

    ストッキングネットで生ゴミの水分を切る

    シンクに取り付けるストッキングネットの導入も、日頃から行いやすい方法の一つです。

    三角コーナーに生ゴミを捨てるようにしていると、三角コーナーの定期的な洗浄が必要になります。しかし、ストッキングネットであればそのまま生ゴミを捨てられるので、日々の手間を軽減できます。

    また、ネット状になっているので、生ゴミの水気を切りやすく、生ゴミの悪臭を防ぐ効果もある捨て方です。

    魚は店で捌いてもらう

    生ゴミの中でも、特に酷い悪臭を放つのが魚の内臓です。こういった悪臭を防ぐ有効な方法は、家に持ち込まないことといえます。

    そのため、魚を購入する場合は、店舗で捌いてもらうようにしましょう。鮮魚店はもちろん、スーパーでも魚の処理を行ってくれるケースがほとんどです。

    また、魚の処理を頼む際には、どのような調理を行うか予め伝えておくと、店舗側で対応してくれます。

    生ゴミから悪臭がする原因とは?

    野菜の切れ端や食べ残しなどが生ゴミになっていきますが、元々の素材が悪臭を放っているわけではありません。

    では、なぜ生ゴミはあのような悪臭を放ってしまうのでしょうか。

    ここでは、生ゴミから悪臭がする原因、および悪臭が酷くなってしまう条件について解説していきます。

    生ゴミの悪臭の元は菌やカビ

    生ゴミの悪臭は、菌やカビが増殖することで発生します。

    菌やカビが増殖する要因は

    • 水分が多い
    • 有機物(食べかすなど)が多い
    • 温度が高い

    以上の要因を満たすと生ゴミを餌として菌・カビが増殖し、その際に腐敗アミンによって生ゴミを生成分解するので、独特の臭気を放つのです。

    また、生ゴミを放置すると、ハエやゴキブリなどの害虫の増殖も懸念されます。特にイエバエやクロバエは有害なバクテリアを数百種類運んでくるので、以上の3つの要因を防ぎましょう。なるべく早い段階で生ゴミを処分することが重要です。

    原因1.生ゴミが濡れている

    生ゴミを腐敗させる菌・カビの増殖には、水分が欠かせません。生ゴミとなるものは水分を多く含んでいるため、注意が必要です。

    生ゴミに水分が多い状態だと菌・カビの増殖を招き、生ゴミを腐敗させるので、以下の点に注意しましょう。

    • 生ゴミが水分を多く含んだ状態にしていないか
    • 水のかかりやすい場所に生ゴミを置いていないか(シンクの三角コーナーなど)

    原因2.生ゴミを密閉している

    生ゴミを腐敗させる菌やカビは、酸素のない状態を好む嫌気性微生物が多いので、生ゴミを密閉した状態にしているとより活発に増殖してしまいます。

    そのため、生ゴミの一般的な捨て方である、ポリ袋に入れて縛るような捨て方だと、かえって生ゴミの腐敗しやすい状態になってしまうのです。

    そのため、生ゴミを捨てる際には、水分を切ると共に、以下のような点に注意してください。

    • 蓋付きの三角コーナーに生ゴミを入れていないか
    • 生ゴミを捨てたゴミ箱を閉めっぱなしにしていないか

    原因3.生ゴミを温度の高い場所に放置

    生ゴミを腐敗させる菌・カビは、気温が30~35℃または50~60℃の状態で最も活発に活動します。

    そのため、夏場はより生ゴミが腐敗しやすい状態となり、早めの処分が必要になるのです。

    特に、バルコニーに生ゴミを置くと高温になりやすいため、菌・カビの増殖を招きやすく、更にコバエやゴキブリなども湧きやすいといえます。以下のように、生ゴミを温度の高い場所に放置しないことが重要です。

    • 温度の高い場所に生ゴミを放置していないか
    • 日光が当たる場所に生ゴミを置いていないか

    生ゴミの捨て方でお困りの方は

    粗大ゴミ使い分け

    生ゴミが臭くならないおすすめの捨て方について解説してきました。

    生ゴミの取り扱いを日頃から気をつけ、ここで紹介した生ゴミのおすすめの捨て方を実践すると悪臭を防ぐことができます。

    また、生ゴミを手間を掛けずに処分するためにも、生ゴミ処理機などの捨て方も検討しておくと良いでしょう。

    不用品回収受付センターでは、生ゴミでお困りの方にも対応してくれる、優良な不用品回収業者を多数紹介しています。さまざまな状況に応じて提案が行えるので、ぜひ検討してみてください。

    2022/08/19 01:23(金) 現在「お客様が選んだNo.1業者」