運べない大型家具アイキャッチ

運べない大型家具を確実に処分するには?おすすめ処分方法5選

運べない大型家具の処分方法を解説します。

運べない大型家具を処分してくれるサービスはいくつかあり、それぞれメリットやデメリットが異なります。

そこでここでは、運べない大型家具を処分してくれるサービスを紹介し、処分方法ごとの特徴・注意点をまとめました。

また、こちらでは運べない大型家具にも対応してくれる不用品回収業者をご紹介しています。すぐに安心して依頼できる不用品回収業者を見つけたい方は参考にしてみてください。

おすすめ不用品回収業者ランキングを見てみる

どんな家具が大型家具に分類されるか

大型家具分類

大型家具の具体的な定義はありませんが、一般的に自治体では一辺の長さが30cm以上の物を粗大ゴミとして取り扱っています。

また、一辺の長さが180cmを超える場合、180cm以下に切断・解体して排出することも一般的です。

そのため、タンスやベッド、2人掛け以上のソファー、ダイニングテーブルなど、一人では運べない180cmに近い大きさの家具は大型家具と考えた方が良いでしょう。

自治体における大型家具の処分費

自治体における大型家具の処分費はそれぞれに異なるものの、概ね以下の処分費が必要になります。

処分費 品目
400円 椅子(ソファー除く)、衣装箱
800円 一人掛けソファー
1,200円 机、シングルベッド
2,000円 2人掛けソファー、ソファーベッド
2,800円 両袖机、箱物家具

運べない大型家具であっても、自治体で処分すれば比較的安価に処分できるのがメリットですが、処分する際には大型家具を指定場所に持ち出すことが求められます。

自治体が大型家具の運び出しに対応しているのは、高齢者や障害者手帳をお持ちの方などに限られるため、注意が必要です。

運べない大型家具の処分方法一覧

大型家具処分方法

運べない大型家具の処分方法には、以下があります。

処分方法 処分費用 注意点
燃えるゴミとして処分 無料 大型家具によっては自己解体が難しい
リサイクルショップ 現金化できる可能性 ブランド家具・アンティーク家具は高額買取
大型家具によっては買取不可
家具量販店 4,400円~ 同程度のサイズの大型家具の購入が前提
引っ越し業者 無料・または3,000円~ 回収できる大型家具が限られる
不用品回収業者 3,000円~+基本料金(3,000円~5,000円) 大型家具は別途料金が発生する可能性も

それぞれのサービスについて、以下で詳しく解説します。

運べない大型家具を解体して燃えるゴミとして処分

大型家具燃えるゴミ

運べない大型家具を自分で解体できるのであれば、自治体で燃えるゴミとして無料で処分することが可能です。

運べない大型家具を解体する方法

大型家具を解体する際の手順は以下の通りです。

必要なもの ハンマー
のこぎり
バール(くぎ抜き)
緩衝材として毛布
※電動工具があれば、より解体が楽
運べない大型家具の解体手順
  1. 工具を一式用意し、緩衝材として毛布などを敷いておく
  2. 大型家具を解体し、ゴミ袋に入る大きさにカット
  3. 自治体の燃えるゴミの日に排出

運べない大型家具を解体する労力が必要となり、解体作業は非常に手間のかかる作業といえます。

また、大型家具によっては、解体作業の難易度が高くなる点にも注意が必要です。

解体が楽な大型家具と難しい大型家具

運べない大型家具がベッドの場合、解体作業は比較的簡単です。

ただし、ベッド本体の解体は楽であるものの、マットレスを解体するのは難しいので、マットレスは粗大ゴミとして処分するほうが良いでしょう。

また、折りたたみベッドやリクライニングベッドは中古市場の需要も一定程度あるので、リサイクルショップなどで買取を検討するのもおすすめです。

一方、運べない大型家具がタンスやソファーの場合、解体作業は困難になります。

特にタンスは丈夫な上に解体する部位が多いので、他の処分方法を検討するのが良いでしょう。

運べない大型家具を解体する際の注意点

運べない大型家具を解体する際には、安全に作業を行うことが重要です。

特に、のこぎりなどの工具を日常的に使わない人の場合、運べない大型家具の解体時に怪我をする恐れがあります。

また、賃貸物件で運べない大型家具を解体する場合、必ず緩衝材などで養生を行いましょう。

解体作業中に床や壁を傷つける可能性が高いので、しっかりと準備して解体作業を行うのが大切です。

自治体によっては大型家具の搬出サービスがある

自治体によっては、運べない大型家具を搬出してくれるサービスがあります。

対象者は自ら大型家具を運べない、身近な人などの協力が困難である人

  • 65歳以上の高齢者
  • 障がい者

の方が対象です。

申込みは各自治体の清掃事務所などへ連絡して伝え、その際に収集日や有料粗大ゴミ処理券の案内がされます。当日までに有料粗大ゴミ処理券の購入を行います。

集日当日は運べない大型家具の搬出時に、本人または代理人の立会いが必要です。

なお、適正処理が困難なもの、長尺物、重量物、出入り口から出せないもの、 取り外し工事や解体作業が必要な大型家具の場合は、自治体で処分できないケースもあるので、予め確認しましょう。

運べない大型家具をリサイクルショップで処分

大型家具リサイクルショップ

リサイクルショップでも、運べない大型家具を処分することができます。

店舗名 メリット
トレジャーファクトリー 購入から15年以内であれば買取対象
出張買取24時 買取不可の家具を無料で引き取るケースも
HARD・OFF 幅広い地域で出張買取が可能
セカンドストリート 大型家具と合わせて洋服なども買取対象

運べない大型家具を現金化できるのがメリットで、ブランド家具なら高額買取を期待することが可能です。

最大で購入価格の40%程度の査定額になることもあるので、運べない大型家具にブランド家具が含まれるなら、リサイクルショップでの処分も検討しておきましょう。

ただし、以下のケースに該当する場合は、運べない大型家具をリサイクルショップで処分できないことがあります。

大型家具を店舗に持ち込む必要があるケースも

運べない大型家具の出張買取に対応しているリサイクルショップなのか、確認しなければなりません。

リサイクルショップによっては出張買取に対応していないケースや、対応エリアが限られることもあり、その場合は大型家具を直接店舗に持ち込む必要があるのです。

このようなケースにおいては、運べない大型家具を処分するのは難しいので、利用前に出張買取の有無・対応エリアを確認しておきましょう。

加えて、リサイクルショップによっては、出張費や搬送費がかかるケースもありますので、あわせて確認しておきたいところです。

一般の大型家具は買取対象とならないケースも

処分したい運べない大型家具が、以下のケースに該当すると買取の対象外になることがあります。

家具の種類 買取の可否
収納家具(タンスなど) 収納のビルトイン化で中古市場の需要が低い
ソファー・椅子・テーブル ブランド家具以外だと需要が低い
IKEAなどの組み立て家具 再販できないため買取対象外が多い

ノーブランドの家具で買取対象になりやすいのは、使用頻度・製造年数の浅い家具のみで、それ以外のケースでは買取対象にならないことが多いです。

また、運べない大型家具がブランド家具であっても、タンスといった収納設備はビルトイン化されている物件が多いので、中古市場での需要が低く、買取対象外になることもあります。

運べない大型家具を家具量販店で処分

大型家具量販店

家具量販店でも運べない大型家具を処分することができます。

店舗名 処分料金
ベルメゾンネット 48,950円(送料含む)以上の家具購入で無料
ACTUS 4,000円~
NOYES 4,400円~11,000円
MEGAMAX 3,000円
ナフコ 大型家具の購入代金のみ
IKEA 新しい家具の購入代金+配送料
ニトリ 3,000円
無印良品 3,000円
東京インテリア 2,000円~5,000円
大塚家具 処分料金は要問合せ

家具量販店で新しい家具を購入した人を対象として、有料で運び出せない大型家具の処分をすることが可能です。

ただし、購入した大型家具と同程度の大きさ、同数の引取など、店舗よって処分条件が異なるので、よく調べてから利用しましょう。

ニトリで大型家具を処分する際の流れ

さまざまな店舗がありますが、ここでは代表的な例として、ニトリで大型家具を処分する際の流れを解説します。

利用条件
  • ニトリでの購入者
  • 購入した家具と同数・同容量の家具を処分
  • 処分費は1注文につき4,400円(税込)
  • 組み立て家具は処分対象外
利用時の流れ
  1. 商品を「カート」に入れる
  2. 「カート」をクリックし、「引き取りサービスを利用する」にチェック
    ※実店舗の場合は従業員に処分の旨を伝える

    ニトリで購入した大型家具以外も処分してもらえ、運び出しから処分まで4,400円で行ってくれるのでお得なサービスといえます。

    ただし、事前申し込みを行わないとサービスが利用できない、対応エリアが限られるなど、利用条件があるので注意が必要です。

    大型家具の買い替えのタイミングで処分できる

    家具量販店で運べない大型家具を処分するメリットは、買い替え時まで利用できる点です。

    また、サービスは有料であるものの、運べない大型家具の搬出・新しい家具の設置までを代行してくれるので、トータルで考えると非常にリーズナブルなサービスとなっています。

    なお、大型家具内の収納物の処分には対応していませんので、予め取り出しておきましょう。

    大型家具処分だけを依頼するのは不可

    家具量販店での大型家具の処分サービスは、それぞれの店舗の商品購入者のみが対象です。

    そのため、大型家具の処分だけを請け負うことはしておらず、大型家具を新調するタイミングでないとサービスを利用できません

    また、処分対象になる大型家具は、運び出せない大型家具と同程度の大きさでならない点にも注意が必要です。

    運べない大型家具を引っ越し業者で処分

    運べない大型家具の処分は、引っ越し業者でも対応することができます。

    引っ越し業者名 処分費
    アリさんマークの引越社 テーブル:3,500円~4,500円
    椅子:1,500円/個~
    ベッド:3,000円~
    ソファ:2,500円~
    日本通運 要問合せ
    アップル引越しセンター 無料もしくは有料
    ハート引越センター ダイニングテーブル(4人掛け):6,000円程度
    椅子:1,500円/個程度 
    ベッド(シングル):6,000円程度
    ソファ(二人掛け):6,000円程度
    ※テーブル、椅子、ベッド、ソファなどの家具のみ対応

    引っ越し業者が運べない大型家具の搬出を行ってくれるので、作業の安全性に信頼がおける点はメリットだといえます。

    床や壁を傷つけないように、随時養生を行って大型家具を搬出してくれるので、賃貸物件での作業も安心です。

    引っ越しのタイミングで大型家具を処分できる

    引っ越し作業に合わせて運べない大型家具を処分でき、手間がかからない点はメリットが大きいといえます。

    また、荷造りを引っ越し業者に依頼すれば、事前に大型家具の中身を出しておく必要もないので、事前準備を行わず処分してもらえます。

    大型家具の引き取りに応じないケースも

    引っ越し業者では、ソファーやベッドなどの家具の処分には対応しているものの、大型家具の品目によっては断られるケースがあります。

    特に、運べない大型家具の場合、別途車両を用意しなければならないことがあるので、事前に問い合わせて確認しておくことが重要です。

    運べない大型家具を不用品回収業者で処分

    大型家具不用品回収

    運べない大型家具は、不用品回収業者でも処分できます。

    品目 費用
    ベッド 5,000円~10,000円程度
    マットレス 3,000円~5,000円程度
    ソファ 5,000円~8,000円程度
    テーブル 2,000円~5,000円程度
    椅子 1,500円~3,000円程度
    軽トラック載せ放題プラン 18,000円~25,000円程度
    2tトラック載せ放題プラン 35,000円~60,000円程度

    単品回収でのプランでは、大型家具ごとの処分費に加え、基本料金(3,000円~5,000円)が加算されるのが一般的です。

    トラック載せ放題プランなら、トラック積載量内であれば定額で利用できるので、運べない大型家具でもお得に処分することができます。

    運び出せない大型家具を確実に処分できる

    不用品回収業者に依頼するメリットは、品目を問わず大型家具を処分してくれる点です。

    その他のサービスでは断られるような家具でも、ほとんどのケースで対応可能なので、確実に大型家具を処分することができます。

    また、運べない大型家具の搬出作業に関しても、全て代行してくれるので手間もかかりません。

    周辺環境によっては別途料金が請求される

    不用品回収業者では、運べない大型家具を確実に処分することが可能ですが、周辺環境によっては別途料金を請求されるケースがあります。

    例えば、通路が狭くて大型家具を運べない場合、家具を解体する必要があるので、解体費を請求されるのです。

    また、運べない大型家具を解体できないケースでは、吊り下げ作業を行う必要があるので、処分費が高額になることもあります。

    運べない大型家具を確実に処分するなら不用品回収業者

    大型家具確実

    運べない大型家具の処分方法を紹介しました。

    対応するサービスはいくつかあるものの、利用条件が設けられており、大型家具の品目によっては処分に対応していません。

    不用品回収業者であれば、処分費が必要ですが運べない大型家具でも確実に処分してくれます。不用品回収業者をメインに検討しつつ、その他のサービスの条件に合うのか確認してみるとよいでしょう。

    不用品回収受付センターでは、運べない大型家具でもしっかりと処分してくれる、優良業者を多数紹介しています。大型家具の解体や吊り下げ作業にも対応できるので、ぜひ検討してみてください。

    2022/09/29 07:29(木) 現在「お客様が選んだNo.1業者」