アパート退去時の不用品を安く処分する6つの方法

アパート退去時の不用品を安く処分する6つの方法

アパート退去時の不用品を安く処分するための6つの方法をご紹介します。

アパートを退去するとき、引越のための荷造りと同時にすすめなければならないのが、不用品の処分です。また違う物件に移り住む場合は、家具や家電など大型のものもそのまま必要になるかもしれません。しかし、新しい物件に合わないものは、何らかの方法で不用品を処分する必要があります。

特に、一人暮らしから実家に戻ったり、パートナーとの同居を始めたりするときには、大型の不用品の処分に困る人が多いです。

今回は、アパート退去時に困りがちな、不用品の処分方法についてご紹介します。

アパートの退去時に出やすい不用品とは

引越後の環境にもよりますが、一人暮らしから誰かと同居を始める場合は、大きな家具や家電の大半が不要となりやすい傾向にあります。

特に家電は、1家に1台あれば十分というものが多く、冷蔵庫や洗濯機などはその処分に困る代表的なものではないでしょうか。

また、食器や調理器具、小さめの家電、家具なども新居では不要になったり、気分一新で新しく買い換えたいと思うかもしれません。

引越作業のついでに、これまで出来ていなかった断捨離を始める人も多く、ずっと捨てられなかった衣類や本、小物などの処分を大量に行うきっかけになるケースもあります。

アパート退去時の不用品6つの処分方法

自治体指定のごみ袋に入るものなどは、計画的に処分をすすめていれば、処分に困ることはないでしょう。しかし、ごみ袋に入らない、粗大ごみとして扱われる不用品の処分は、その手続きや手間から面倒だと感じる人が多いです。

それでは、粗大ごみの処分方法にはどのようなものがあるのでしょうか。主な粗大ごみの処分方法について、詳しく見ていきましょう。

友人・知人に譲渡する

友人や知人のなかに、不用品をほしいという人がいたら、譲ってあげる方法です。コンパクトなものであれば手渡しでも問題ないですが、大きめの家具や家電の場合は、宅配便などで送るなど運搬に関して手間やおかねがかかる可能性があります。

フリマサイトで販売する

近年では、誰もが簡単に出品できるフリマアプリがリリースされるなど、より手軽にリサイクル品の購入ができるようになりました。

引越時に大量に発生する不用品を一斉にフリマアプリやフリマサイトで販売し、少しでもお金にかえようと考える人も多いです。

フリマサイトで不用品処分をする場合、自分が「この価格なら処分してもいいかな」と思える段階から販売できる点が魅力です。

しかし、いつまでたっても購入されず、結局引越までに間に合わないリスクもあります。フリマサイトで販売するための手数料や、購入してくれた人への送料がかかるため、取引実績によっては赤字になってしまう可能性もあります。

リサイクルショップに持ち込む

少しでもお金にかえて処分したい場合は、リサイクルショップもおすすめです。自分で持ち込む手間が発生しますが、不用品がお金に変わる可能性があります。モノによっては買い取り不可と判断される可能性もありますが、無料で引き取り可能であれば処分にかかる費用を抑えることができます。

自治体の粗大ごみ回収を利用する

ごみの出し方には、自治体それぞれのルールがありますが、粗大ごみに関しては特に注意が必要です。粗大ごみとして扱われるのは、一般的には一番長い辺が30cm以上のものとされるため、引越時の不用品のなかには粗大ごみとして区分されるものがとても多くなります。

自治体の粗大ごみ回収を利用するときには、事前に粗大ごみに当てはまるかどうか確認することや、回収までの手順を踏むこと、回収日にあわせて回収場所まで運搬すること等が必要です。

引越業者に回収してもらう

アパート退去に伴い、引越業者に依頼する時には、不用品回収も行ってくれる業者が便利です。近年では、大手引越業者の多くが引越時の不用品回収も行っていますが、念のため確認しておくことをおすすめします。

引越時のプランに不用品回収も含まれている場合と、有料オプションで追加料金を支払う場合とがあります。見積もりの際に、きちんと処分してもらいたいものを伝えると、費用への心配が少なくてすむでしょう。

不用品回収業者に依頼する

引越業者に見積もりを依頼する前に、不用品をまとめて処分しておくと、それだけ運搬する荷物が少なくなるため、引越の見積もりが安くなる可能性があります。

不用品回収業者は、リサイクル業も担っているケースが多く、自治体の粗大ごみや引越業者では回収されない不用品についても、問題なく回収できる可能性があります。

買い取りを実施している不用品回収業者であれば、リサイクル店に持っていくよりも楽に買い取りが依頼できるでしょう。

不用品回収業者に依頼する際の料金は、不用品ひとつあたり○○円という品目に応じた料金設定をしているところと、軽トラック積み放題などのパック料金で実施しているところがあります。

アパートの退去時に不用品が多数出る場合は、パック料金で回収できる業者がおすすめです。

まとめて安く不用品を処分するなら

今回は、アパート退去時の不用品処分の方法についてご紹介しました。不用品を処分する方法は、意外とたくさんあり、それぞれメリットやデメリットの両方があります。

不用品回収業者に依頼すると、粗大ごみとして扱われる大きな家具・家電や、持ち運びのできるサイズの様々なものまで、まとめて処分が可能です。一部、不用品回収業者でも回収できないものもありますが、引越業者や自治体の粗大ごみ回収よりは幅広く対応できる傾向にあるため便利です。

2019/09/16 13:45(月) 現在「お客様が選んだNo.1業者」