お部屋の片付け業者を利用するメリット・デメリットとは?

お部屋の片付け業者を利用するメリット・デメリットとは?

散らかっているお部屋を徹底的に片付けてくれる『お部屋の片付け業者』。片付け業者を利用するメリットは沢山ありますがデメリットもあるんです。

もちろん、片付け業者を利用するメリットが大きいので利用者が絶えませんが、デメリットを知らないと業者を利用したことを後悔してしまうかも知れません。

そこで、この記事ではお部屋の片付け業者を利用するメリットとデメリットの両方をお伝えします!

また、お部屋の片付け業者の具体的なサービスもご紹介するので、業者の利用を検討中の方は参考にしてみてください。

お部屋の片付け業者を利用する5つのメリットとは?

お部屋の片付け業者を利用する5つのメリットとは?

まずはお部屋の片付け業者が人気の理由であるメリットからご紹介します。

  1. 作業当日の予約可能
  2. 年中無休・24時間対応可能
  3. 粗大ゴミや家電製品を回収可能
  4. 買取サービスの利用で回収料金を安く抑えられる
  5. 不用品を部屋からトラックまでスタッフが運び出してくれる

これら5つのメリットが大きな理由となって片付け業者を利用する人が後を絶たないんですね。

それぞれの片付け業者を利用する具体的なメリットをご紹介します。

片付け業者を利用するメリット1|作業当日の予約可能

多くの片付け業者では、連絡をしたその日のうちに片付け作業を開始することができます。

例えば、引っ越しの日程が早まって今日中にお部屋を片付けなければいけない、などの理由で急な片付けが必要になったときにも対応可能です。

しかも、片付け業者の営業所の場所によっては最短30分で駆けつけることも可能です。お急ぎの場合は、営業所が近くにある片付け業者を優先的に選ぶといいですよ!

片付け業者を利用するメリット2|年中無休・24時間対応可能

日時に縛られることなくお部屋を片付けられるのも、片付け業者を利用する大きなメリットです。

年中無休・24時間対応の業者は次のような方にオススメですよ!

  • お仕事などで日中に時間を取ることが難しい
  • 土日祝日しか暇な時間がない
  • ひと目に付きにくい深夜に作業をして欲しい
  • 年末の大掃除に合わせて不用品を回収したい

なぜ、年中無休・24時間対応可能な点が大きなメリットなのかというと、自治体のゴミ回収は時間にかなりの度合いで縛られるから。

例えば、自治体のゴミ回収では朝の8時までにゴミを出さなければいけなかったり(前日に出すことは禁止)、粗大ゴミの収集は予約から2週間後の回収となることもあるんです。

このように自治体のゴミ収集には、時間的に不便な点が多いので業者を利用するメリットが際立ってきます。

片付け業者を利用するメリット3|粗大ゴミや家電製品を回収可能

通常であれば、粗大ゴミは自治体の個別回収を利用したり、クリーンセンターに持ち込むことで処分しなければいけません。

多くの自治体では一辺が30cmを超えるゴミが粗大ゴミに該当する。(詳しくは各自治体のホームページを参照してください)

家電製品に関しても粗大ゴミとして処分したり、購入したお店に引き取ってもらう必要があります。このように粗大ゴミや家電製品の処分には、燃えるゴミや燃えないゴミよりも面倒な手続きが必要なんですね。

しかし、お部屋の片付け業者を利用することで粗大ゴミ・家電製品・燃えるゴミなどをまとめて処分することが可能です。法に触れる物・医療品など中には回収できない品目もありますが、自治体のゴミ回収よりも遥かに多くの品目を回収することができます。

片付け業者を利用するメリット4|買取サービスの利用で回収料金を安く抑えられる

片付け業者で利用できるサービスはゴミや不用品の回収だけではありません。

家具家電、アクセサリー、骨董品などの買取価値がある物はその場で買い取ることが可能です。買取金額はそのまま業者の利用料金から割り引かれますし、買取金額の方が大きければ当然差額分が返金されます。

もし、お家の中に買取価値がありそうな物があれば、片付け業者を利用される際に査定してもらってみてください。

片付け業者を利用するメリット5|スタッフさんが不用品を部屋からトラックまで運び出してくれる

体が華奢な女性や怪我をされている方、お年寄りの方たちは、サイズが大きな不用品を移動させるだけでも一苦労だと思います。

実際、自治体の粗大ゴミ回収では、各自で粗大ゴミを玄関前の道路や道路に近い敷地内に移動させなければいけません。それは、たとえ一人で移動させることが難しいタンスやベッドだとしても例外ではないんです。(自治体によっては高齢者・障害者限定でサポート可能な地域あり)

特に女性のひとり暮らしの場合、大きな不用品を持ってマンションの階段を降りることは不可能に近いはずです。

しかし、片付け業者を利用すればスタッフさんがすべての不用品をお部屋からトラックまで運び出してくれます。お手伝いをすることで割引される業者もありますが、基本的には作業に立ち会うだけで作業を手伝う必要はありません。

このように持ち運びが困難な不用品があるときにこそ片付け業者が役に立ちますよ。

お部屋の片付け業者を利用する2つのデメリットとは?

ここまでお部屋の片付け業者を利用するメリットをお伝えしましたが、デメリットにもしっかりと目を通しておくべきです。

そのデメリットが許容範囲内かどうかで、片付け業者を利用するかどうかが大きく左右されます。

片付け業者を利用するデメリット1|見ず知らずの人をお家に入れなければいけない

人によってはお家の中を他人に見られたくないという方もいます。

しかも、片付け業者を利用するとなれば、どのような人が来るのか事前にわかりませんよね。特に一人暮らしの女性は知らない男性スタッフをお家に入れることに大きな不安を感じてしまうかも知れません。

もし、そのように女性の一人暮らしのお部屋に男性スタッフを上げることに不安を感じる場合は、女性スタッフの派遣も可能な片付け業者を利用しましょう。

すべての片付け業者ではありませんが、中には女性スタッフが在籍している片付け業者も沢山あります。女性スタッフによる作業を依頼したい場合は、連絡時に「女性スタッフさんに作業をお願いしたい」という旨を伝えるだけでOKですよ!

片付け業者を利用するデメリット2|業者の利用にかかる料金がわかりにくい

お部屋の片付け業者を利用するときに最も気になるのは”料金”じゃないでしょうか?

「お部屋の片付けにいくらかかるんだろう?」「高額料金を請求されそうで心配…」など、金銭的な疑問や不安が拭いきれないと思います。

そこで、あなたに取って欲しいアクションが2つあります。

1つ目は複数の業者で見積もりを取ること。

複数の業者で見積もりを取ることで、明らかに高額な料金を請求してくる業者を排除することができます。逆に見積り料金が安すぎて怪しい業者も同様に検討リストから外すことができます。

2つ目は値下げ交渉です。

複数の業者で見積もりを取った後は、検討中の業者に対して値下げ交渉しやすくなります。

「〇〇社は◯◯円ですが、これよりも安くなりませんか?」という感じで交渉してみてください。そのとき、値下げ交渉に応じてくれると契約するという条件を出すと交渉に応じてくれやすくなりますよ!

もし、複数の業者で見積もりを出している時間がない場合は、不用品回収センターで『一括見積もり』することができます。

不用品回収センターの一括見積もりはこちらから⇒

お時間がない場合でも最大5社に対して一括見積もりすることができるので、ぜひ利用してみてください!

2020/07/03 03:19(金) 現在「お客様が選んだNo.1業者」