一軒家のゴミ屋敷片付けにかかる費用はどれくらい?費用内訳や安くするポイント

一軒家のゴミ屋敷片付けにかかる費用はどれくらい?費用内訳や安くするポイント

一軒家のゴミ屋敷片付けを業者に依頼した場合にかかる費用の目安や、業者選びの際のポイントや注意点について解説します。

ゴミ屋敷と化した一軒家を片付けるためには、膨大な費用も時間も必要になります。状況最適なゴミ屋敷片付け業者をみつけ、納得のいく片付けを実現することが大切です。

不用品回収受付センターでは、格安料金で信頼できるゴミ屋敷片付け業者を多数紹介していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

一軒家の片付け向き!おすすめのゴミ片付け業者ランキングはこちら

一軒家のゴミ屋敷片付けを業者に依頼する際の費用の目安は

一軒家のゴミ屋敷片付けを業者に依頼する際の費用の目安は

一軒家のゴミ屋敷片付けを業者に依頼した場合、3LDKの間取りで17万円~50万円ほどの費用が相場だといわれています。

相場料金に幅があるのは、同じような間取りでもゴミの量や汚れ具合によって、かかる費用が大きく異なるためです。

こちらはゴミ屋敷片付け対象となった間取りの広さと、生活している(いた)人数別の、ゴミ屋敷片付け費用の平均です。

人数 2LDK・3K・3DK 3LDK・4K
3人家族以下 平均205,340円 平均260,320円
4人家族 平均211,480円 平均278,700円
5人家族以上 平均212,000円 平均303,580円

一軒家のゴミ屋敷片付けは、部屋数も多くなる分、処分が必要なゴミの量もかなりの物となりがちです。ワンフロアだけでなく、廊下や階段、収納スペースなどあらゆる場所の片付けも必要となるため、作業時間もゴミの量も膨大なものとなりがちです。

上記はあくまでも「足首程度までゴミが積もった状態」の費用平均です。ゴミが高く積もっていれば、その分ゴミの量も増えるため費用も高くなります。

場合によっては、費用が60万円~100万円ほどになることも決して珍しくはありません。

一軒家のゴミ屋敷片付けにかかる費用の内訳は?

一軒家のゴミ屋敷片付けにかかる費用の内訳は?

ゴミ屋敷の片付け費用に何十万もかかるとなると、正直高いと思う人もいるでしょう。しかしそれくらいの金額になるには、それなりの理由があります。

一軒家のゴミ屋敷片付けを業者に依頼した場合、以下のような費用が発生します。

 

車両費(トラック代)

片付けの際に出たゴミや不用品を、廃棄物処理施設やリサイクル施設などへ運ぶために必要となるトラックの台数です。

4tトラック1台で収まるのか、2tトラックを何往復もしなければならないのかなどによって、かかる費用は大きく異なります。用意するトラックの種類や台数は、ゴミの量や処分品の大きさなどで異なります。

 

処分費

ゴミ屋敷の片付けでは、さまざまな種類のゴミの処分が必要です。紙ゴミやプラスチックなど処分費があまりかからない物が多ければ、その分処分費も安くなります。しかし、生ゴミや処理困難物などが、処理コストの高いゴミが多くなれば、その分処分にかかるコストも高くなってしまいます。

どのようなゴミをどれだけ処分するかによって、この費用も大きく変わるでしょう。またリサイクル家電の処分が必要となる場合にも、別途リサイクル料金が加算されることもあります。

ただし、回収した品の中に、リサイクルやリユースできるものが多い場合には、その分の費用を差し引いてくれる業者もあります。少しでも安くしたい場合は、買取対応してくれる業者のほうがオトクですね。

 

人件費

ゴミ屋敷片付けにかかわる作業スタッフの人件費も、費用に含まれています。

スタッフ費用は一人当たり1時間15,000円前後が平均とされていますので、2名のスタッフで5時間作業しただけでも15万円の人件費が発生している計算になります。

必要な人数と作業完了までに要する時間で計算するのが一般的です。一軒家の規模や間取りが大きいほど、ゴミの量が多いほど、作業時間や人員が必要となります。

 

オプション料金

オプション料金とは人件費や処分費、車両費など通常の片付けで必要となる工程以外にかかる費用です。

特殊清掃や消臭作業、害虫駆除やハウスクリーニングなどが必要になる場合には、オプション料金として別途費用が発生する場合もあります。

また立地環境などの影響により車両までの距離が遠くなるといった場合や、階段から荷下ろしができず吊り下げ作業が発生するような場合にも、オプション料金がかかる場合もあります。

一軒家のゴミ屋敷片付けにかかる時間はどれくらい?

一軒家のゴミ屋敷片付けにかかる時間はどれくらい?

たとえプロに依頼した場合でも、一軒家のゴミ屋敷片付けともなれば、作業完了までにかなりの時間を要します。間取りやゴミ屋敷の程度によって、もちろんかかる時間は大きく異なりますが、おおよそ以下のような作業時間が目安となります。

 

間取り

作業人数

作業時間

2DK~2LDK

3〜4名

2~8時間

3DK~3LDK

4~6名

5~12時間

4DK~4LDK

6~10名

6~15時間

5DK以上

8~15名

10時間以上

上記のように間取りが広いほど、ゴミ屋敷の片付けに時間がかかります。庭先やベランダ、一戸建ての家の周辺にもゴミがあれば、さらに時間もかかってしまうでしょう。

 

なお、ゴミ屋敷の片付けでは、以下のような作業に時間を要します。

 

  • 貴重品や貴金属などを捜索しながらの作業
  • アルバム、写真、思い出の品など、大切なものを仕分けながらの作業
  • ゴミの仕分けや分別を行いながらの作業

 

ゴミ屋敷だからといっても、すべていらないものというわけではないため、仕分けや分別、捜索などの作業がどうしても必要になります。

丁寧に作業を行う分、どうしても時間がかかってしまうのです。場合によっては1日で終わらず、2日〜3日にわたって作業を続けなければならない場合もあるのです。

 

どうせいらないものばかりだから、時間をかけず片付けてくれればそれでOKというケースもあるかもしれません。この辺りは依頼者とゴミ屋敷片付け業者の間で、見積もり時にどのような線引きがされるかによって対応が異なります。

事前打ち合わせをしっかりと行い、自分が集確認しなくても、安心して任せられる業者に相談するのが最善です。

一軒家のゴミ屋敷片付け費用を安くするには?

一軒家の規模のゴミ屋敷片付けとなると、どうしても費用が高くなってしまいがちです。少しでも安くできる方法についてまとめました。

 

必要なものはあらかじめよけておく

必要なものや処分されては困るものなどは、あらかじめ避けておくと片付け作業もスムーズです。

もちろんゴミ屋敷の程度が深刻になれば、すべての貴重品や大切な品をよけきることは難しいでしょう。とはいえ自分でできる範囲のものや目につく範囲で分けておくだけでも、作業時間は大きく短縮できる場合があります。

判断が難しい品などは、箱などによけながら作業を行い、最後に依頼者に確認してもらったうえで対応するといった業者が一般的です。しかし大切な品というのは、人それぞれで異なるものです。

これはいる物・売却予定の物、こちらは処分してかまわなもの、こういうものが見つかった場合は処分前に一度見せてほしいなど、要望をしっかりと伝えておくだけでもよいでしょう。

買取に対応している業者を選ぶ

自社でリユースリサイクルを行っているゴミ屋敷片付け業者の中には、家具や家電をはじめさまざまな品の買取なども行っているところもあります。買い取り対象となった分は、ゴミ屋敷片付け費用から差し引いて請求してもらうことも可能です。

たとえばブランドバッグや貴金属、プレミア価格などが付くような趣味のグッズ、需要の高いスポーツ用品など。少しでも売れそうな品がある場合には、買取対応可能なゴミ屋敷片付け業者に相談するのがオトクです。

作業に慣れている業者を選ぶ

ゴミ屋敷片付け作業では、人件費もかなり大きな割合を占めています。ゴミ屋敷の程度が深刻になればなるほど、人手も必要になりますし作業時間もかかるため、人件費はかさむ一方です。

ですので1人当たりの人件費がおなじ業者であれば、作業効率がよくテキパキと作業を進めてくれる業者を選ぶほうが得策です。短時間で作業が終わるだけでなく、人件費の削減にもつながるからです。

あい見積もりを行う際は、総額だけでなく「予定作業時間」や「人件費(人数×時間)」などもチェックすることをおすすめします。

一軒家のゴミ屋敷片付け相談をしたいかたはこちらがおすすめ!

一軒家のゴミ屋敷片付けには、莫大な費用がかかることも珍しくはありません。

つい安さだけで選んでしまいがちですが、しっかりと見積もりの内訳料金などもチェックしたうえで選ぶことが重要です。

丁寧な作業対応はもちろんのこと、個人情報などの取り扱いもしっかりとした業者が安心です。

 

不用品回収受付センターでは、信頼できるゴミ屋敷片付け業者を多数紹介しています。

ゴミ屋敷片付け業者のおすすめランキングもご用意しておりますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのゴミ屋敷片付け業者ランキングはこちら

 

2023/11/30 01:33(木) 現在「お客様が選んだNo.1業者」