当サイトで人気の業者

本記事では、事業ゴミとはどんなものなのか、処分する方法や業者に依頼する場合の費用相場を紹介します。

事業ゴミは一般的なゴミとは異なり、ゴミの収集場所に捨てられるわけではありません。

処分方法や捨てられる場所が分からないと、処分に困るケースもあるでしょう。

今回は、事業ゴミ処分の方法とともに、東京都など首都圏で処分する場合にかかる料金もまとめました。

事業ゴミの処分にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

事業ゴミとは

事業ゴミとは

まずは、事業ゴミがどのようなものを指すのかを詳しく解説します。

事業活動によって出されたゴミ

事業ゴミとは、事業活動で排出されるごみの総称です。

一般家庭から出るゴミとは異なり、事業ゴミ専用の捨て方で処分しなければなりません。

飲食店等から出るごみや工場から出るゴミなどは、すべて事業ゴミに該当します。

通常のゴミと一緒に捨てたり、処分しようとしたりすると廃棄物処理法の違反となってしまうため、注意が必要です。

例えば、自宅兼店舗などで利用している場合には、一般ゴミと事業ゴミを分けて捨てる必要があります。

まとめて捨てると罰金処分などとなるケースもあるため、気を付けてください。

事業ゴミは大きく分けて2種類

事業ゴミは、大きく分けて以下2つの種類があります。

  • 産業廃棄物
  • 事業系一般廃棄物

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

産業廃棄物

産業廃棄物とは、事業活動に伴って排出される廃棄物のうち、廃棄物処理法で定められた20種類の廃棄物のことです。

大きく分けて「特別管理産業廃棄物」と「一般産業廃棄物」があり、水銀・医療廃棄物・感染性廃棄物などは特別管理産業廃棄物に該当します。

動物の死体や糞尿なども産業廃棄物なので、一般ゴミとして捨てないように注意しましょう。

一方、廃油・ゴムくず・金属くず・木くず・ガラスくず・建築廃材などは一般産業廃棄物です。

事業系一般廃棄物

産業廃棄物として定められた20種類のゴミ以外は、事業系一般廃棄物です。

農業や宗教法人、NPOやお店などから出る事業ゴミのうち、産業廃棄物以外はすべて事業系一般廃棄物となります。

例えば、お店から出る食べ残しやカトラリー類などは事業系一般廃棄物です。

ほとんどの事業ゴミは事業系一般廃棄物に該当しますが、産業廃棄物と混同しないように注意しながら処分しましょう。

事業ゴミを処分する方法

事業ゴミを処分する方法

事業ゴミを処分する方法には、さまざまなものがあります。

ここでは、代表的な2つの処分方法について見ていきましょう。

行政に引き取りに来てもらう

1つ目は、行政に引き取りに来てもらう方法です。

事前の申し込みなどを行なうと、事業ゴミを回収してもらえます。

ただし、手続きや申請には手間と時間がかかるため、今すぐに処分したいといった場合には向きません。

また、自治体によって対応方法が異なるため、事前の確認が必要です。

行政による回収は、一度で回収できる量が少ない可能性もあるため、大規模な企業や大量のゴミの処分を考えている場合は注意しましょう。

民間の回収業者に依頼する

2つ目は、民間の回収業者に依頼する方法です。

事業ゴミの回収に対応した業者に依頼すれば、最短即日で回収してもらえます。

また、さまざまな種類のゴミを一気にまとめて回収してくれるので、急いでゴミを片付けたい場合には特におすすめです。

見積もり無料の業者を選べば、事前に費用を把握した上で依頼できます。

その際は、キャンセル料や出張費用が無料かどうかも、あわせて確認しておきましょう。

その他の詳しい処分方法については、FAQでも詳しく解説しています。

より詳しく知りたい方は、ぜひあわせて参考にしてみてください。

東京など首都圏の回収料金

東京など首都圏の回収料金

東京など首都圏では、ゴミ処理券を購入することで事業ゴミの処分が可能です。

例として、世田谷区のゴミ処理券の料金を紹介します。

券種(販売単位) 料金
小・10リットル(10枚1組) 760円
中・20リットル(10枚1組) 1,520円
大・45リットル(10枚1組) 3,420円
特大《軽量ごみ用》・70リットル(5枚1組) 2,660円

事業ゴミは指定のゴミ処理券を購入の上、処分する必要があります。

ただし、以下のような内容に当てはまる場合は、回収してもらえません。

  • 袋の容量に見合った事業系有料ごみ処理券が貼付されていない
  • 1回の収集で排出量が30キログラム以上
  • 45リットルの袋で概ね4袋以上ある
  • 分別されていない

ルールが守られていない場合は、区や市では収集してもらえないため、必ず規定に従って処分しましょう。

ルールについては、処分する区や市によって内容が異なります。

利用したいと考えている場合は、必ず事前に詳細を確認してください。

回収業者に依頼する場合の料金相場

回収業者に依頼する場合の料金相場

回収業者に事業ゴミの回収を依頼する場合の料金相場は、以下の通りです。

トラックのせ放題プラン 目安の間取り 料金相場
(平車、箱車などトラックによる)
軽トラックのせ放題プラン 1R~1K 15,000円〜20,000円
1.5tトラックのせ放題プラン 1DK~2DK 30,000円~40,000円
2tトラックのせ放題プラン 2DK~2LDK 50,000円~70,000円
4tトラックのせ放題プラン 3DK以上 80,000円~要見積もり

事業ゴミは量が多いケースが多いため、パックプランの利用がおすすめです。

トラックのせ放題プランであれば、指定サイズのトラックに積めるだけのゴミをのせ、定額で運び出してもらえます。

 

また、定期利用の相場は以下の通りです。

100kg 200kg 300kg
週1回 約7,000円 約10,000~11,000円 約14,000~15,000円
週2回 約8,000~9,000円 約12,000円 約15,000~17,000円
週3回 約11,000円 約14,000~15,000円 約17,000~18,000円

ゴミの量に合わせ、最適なプランを選びましょう。

見積もりのコツについては、以下の記事で解説しています。

不用品回収の見積もりのコツは?廃品処分で損をしないための方法

事業ゴミの収集を業者に依頼するメリット

事業ゴミの収集を業者に依頼するメリット

事業ゴミの収集を業者に依頼するメリットとしては、手間・コストがかからない点が挙げられます。

また、幅広いゴミを一気に回収してくれるのもメリットの1つです。以下で、詳しい内容を解説します。

手間・コストがかからない

事業ゴミの処分を回収業者に依頼すると、費用が高額になると考える方は多くいますが、まとめて回収してもらうことで費用を安く抑えられる場合もあります。

また、分別や梱包なども一括して行ってくれるため、手間もかかりません。

片付けや処分にかかる時間や手間を考えると、コストパフォーマンスは高いと考えられるでしょう。

幅広いゴミを一気に回収してくれる

事業ゴミにはいろいろな種類がありますが、回収業者に依頼すれば一気に回収してくれます。

分別や仕分けの必要も一切なく、全てスタッフに任せられるのも嬉しいポイントです。

大きなゴミから小さなゴミまで一気に片付けてくれるほか、作業も比較的短時間で終わります。

業者の中には、最短即日で回収に来てくれるところもあり、「今すぐ事業ゴミを捨てたい」などといった場合にもピッタリです。

手軽にゴミを処分したい場合は、回収業者への依頼を検討しましょう。

優良な業者の選び方は、以下の記事で解説しています。

優良な不用品回収業者の選び方!選ぶと危険な業者の見分け方は?

事業ゴミの回収は「不用品回収受付センター」をチェック

今回は、事業ゴミの処分方法や回収業者に依頼した場合の費用相場を解説しました。

不用品回収受付センター」では、事業ゴミの回収を行っている業者を多数掲載しています。

どの業者も優良で安心して依頼できるだけでなく、仲介手数料などもかかりません。

また、公式サイト限定の割引クーポンなども利用できるため、お得に回収業者を利用できるのが嬉しいポイントです。

事業ゴミの処分にお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。