居住者が残した大量の残置物|所有権の違いによる処分までの手順を解説!

居住者が残した大量の残置物|所有権の違いによる処分までの手順を解説!

お部屋に残置物が残されるパターンは大きく分けて2つあります。

1つ目は居住者と貸主の同意によって、家財道具などを残したまま引っ越したパターン。

2つ目は夜逃げなどをして無許可で荷物を置いていくパターンです。

この2つのパターンで『残置物がお部屋にある』という現状に変わりはありませんが、残置物の所有権に違いがあるんです。

この所有権の違いを理解したうえで残置物を処分しなければトラブルの元になりかねません。

この記事では所有権の違いによる処分までの手順を解説するので参考にしてみてください。

夜逃げによる残置物は勝手に処分できない

夜逃げの際に放置された残置物の所有権は元居住者にあります。

だから、貸主側の独断で残置物を処分することはできません。

このまま残置物を勝手に処分した場合、損害賠償義務が発生する可能性があるので注意しましょう。

もし、正当な手続きでお部屋の明け渡しが完了しており、その際に残置物を認めている場合は『残置物を処分する2つの方法』まで読み飛ばしてください。

夜逃げした人の保証人に残置物の引き取りを依頼する

賃貸契約の際に保証人を立てていた場合、その保証人に残置物の引き取りを依頼します。

保証人に連絡がつかない場合は、家族や兄弟などを探し出して引取を依頼します。

それでも拒否される場合もありますが、「残置物を本人に代わって処分することに同意する」などの同意書をとっておきましょう。

夜逃げした人・保証人に連絡が取れない場合は?

夜逃げした人やその保証人に連絡をしても応答することはほとんどありません。

連絡がつかない場合は【住宅の明け渡し訴訟】を起こしましょう。

明け渡し訴訟を起こし、残置物の所有権を移すことで合法的に処分することができます。

明け渡し訴訟の詳しい流れなどについてはこちらのサイトを参考にしてみてください。

⇒法的な住宅明け渡しの手続き及び流れ

残置物を処分する2つの方法

残置物の所有権が貸主側に移ったところで残置物の処分を行います。

しかし、ここで厄介なのが残置物の処分方法ですよね。

残置物の中には様々な種類のゴミが混在していて、処分に困るようなゴミもあるはずです。

特に仏壇、タンス、ベッド、家電などの粗大ゴミに該当する物の処分は面倒です。

そこで残置物を効率良く処分する2つの方法をご紹介します。

残置物が少ない場合は自治体のゴミ回収を利用して処分する

残置物の数が1点〜3点ほどの場合は自治体のゴミ回収を利用して処分すると費用がほとんどかかりません。

自治体のゴミ回収で処分できない物がある

ただし、自治体のゴミ回収では処分できない物もあります。事前にどのゴミが処分できないのか自治体のホームページで確認してください。

次の家電リサイクル法もしくは資源有効利用促進法に該当する物は、どこの自治体でも回収することができません。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機
  • パソコン(ノートPC・デスクトップPC・液晶ディスプレイなど)

家電リサイクル法に該当する家電(テレビ〜洗濯機・乾燥機)は次の方法で処分します。

  • 新しい製品を購入するお店に引取りを依頼する
  • 処分する製品を購入したお店に引取りを依頼する
  • 郵便局振込方式で料金を支払い、指定引取場所に直接持ち込む
  • 各市区町村に処分方法を問い合わせる
  • 中古品として売る

また、パソコンはパソコンリユース企業、パソコンメーカー、家電量販店、地方自治体の回収BOXを利用することで処分できます。

その他にも、消化器、自転車、タイヤなどを回収できない地域もあるので、それぞれ決められた方法で処分しましょう。

自治体で粗大ゴミを処分するための手順

多くの自治体では次の手順で粗大ゴミの処分が義務付けられています。

  1. 粗大ゴミ回収の申し込みをする
  2. 粗大ゴミシールを購入する
  3. 回収当日の朝に粗大ゴミを出す
手順1|粗大ゴミ回収の申し込みをする

まずは自治体の役所に粗大ゴミ回収の申込みをします。電話やメールなど連絡手段は自治体によって異なるので各自治体のホームページでご確認ください。

この連絡で粗大ゴミの品目と数を伝えると必要な粗大ゴミシールの種類と枚数が伝えられます。

手順2|粗大ゴミシールを購入する

粗大ゴミシールはお住いの地域の商店やコンビニエンスストアで購入します。

購入した粗大ゴミシールに氏名・受付番号・収集日を記入して粗大ゴミに必要枚数貼り付けます。(記入事項は自治体によって異なります。)

手順3|回収当日の朝に粗大ゴミを出す

指定された回収日の朝に粗大ゴミを出します。

一戸建ての場合は玄関先や門前に、集合住宅の場合は1階の出口付近に出す場合が多いです。

このとき高齢者・障害者を除いて、粗大ゴミは自分で運び出さなければいけません。行政の作業員が運搬を手伝うようなサービスは用意されていないので注意が必要です。

残置物が多い場合は不用品回収業者を利用する

次に当てはまる場合は不用品回収の利用を検討してみてください。

  • 残置物が多い
  • 粗大ゴミに該当するゴミが多い
  • ゴミの分別に手間がかかる
  • 自治体のゴミ回収で処分できない物がある

これらに1つ以上当てはまる場合は【不用品回収業者】を利用して短時間の内に作業を終わらせてしまいましょう。

不用品回収業者とは?
家庭や会社で不要になった家具、家電、ゴミ、処分に困る物などを回収処分する民間業者。
荷物の運び出しから処分まですべてを一任できるので、残置物の処分にもよく利用されています。

不用品回収業者を利用するメリットは、貸主側の時間的・体力的負担を大幅に軽減できることです。

ただでさえ、夜逃げをされるなどして身体も心も疲弊している状態なのに、それに加えて残置物の処分となれば健康に支障をきたす可能性も否定できません。

その他にも不用品回収業者を利用するメリットが沢山あるのでまとめてみました。

  • 不用品を部屋からトラックまで運搬してくれる
  • 時間指定が可能
  • 即日の不用品回収も可能
  • 家電リサイクル法に該当する家電、パソコンも回収可能
  • ゴミの分別が不要

最後に不用品回収業者を利用するときの相場料金を表にまとめたので参考にしてみてください。

【間取りごとの料金相場】

間取り
/人数
単品回収ワンルーム・1DK1LDK・2K・2DK2LDK・3K・3DK3LDK・4K~
単身平均9,720円平均48,480円平均69,700円平均148,640円平均182,320円
2人家族平均10,540円平均59,500円平均78,520円平均165,330円平均211,530円
3人家族平均12,480円平均61,420円平均94,550円平均167,250円平均226,800円
4人家族以上平均23,750円平均123,820円平均181,260円平均236,320円

不用品回収業者を利用する前は必ず複数の業者で見積もりを取りましょう。そうすることで料金を抑えて残置物を処分できることもあります。

残置物の処分を依頼する業者を【最短】で探す方法

多数の不用品回収業者が同じ地域に点在しています。

その多数の業者から1社に絞るのはかなり面倒な作業になるんですよね。

そこで、複数業者の同時見積もりサービスを利用することで業者選びの時間をグッと短縮することができます。

本来であれば1社ごとに連絡をして、現場を実際に見て見積もりを取る必要があります。

しかし、複数業者の同時見積もりサービスを利用することで、一括で複数業者を相見積もりすることができるので時間や手間を大幅にカットできます。

さらに、複数業者の同時見積もりサービスはネットで完結するので時間も手間も全くかかりません。

地域・依頼内容・回収量などの条件をチェックするだけで簡単に見積が取れます。

複数業者の相見積もりには【不用品回収受付センター】が便利なので活用してみてくださいね!

2020/07/15 04:14(水) 現在「お客様が選んだNo.1業者」