お部屋を片付けられない人の4つの特徴は?汚部屋を克服する最終手段をお伝えします!

お部屋を片付けられない人の4つの特徴は?汚部屋を克服する最終手段をお伝えします!

『お部屋を片付けられない人』を克服して、片付け大好き人間になりたいですか?

もしかすると少数派ですが片付け大好き人間になりたい!と思われる人がいるかも知れません。

しかし、ほとんどの方は「生活の不便にならない程度に片付けられたらいいな」と考えられていると思います。

そう、お部屋を片付けられない人を克服するには、なにも片付けを大好きになる必要はありません。

必要最低限の片付けさえできれば、簡単に片付けられない人を克服できるんです。

そして、そもそも『お部屋を片付けられない人』というのは、具体的にどのレベルでお部屋を片付けられないのでしょうか?

あなたがお部屋を片付けられない人ではない可能性もあるので、その点から考えていきましょう。

ひょっとするとお部屋を片付けられない人じゃない可能性が!?

ひょっとするとお部屋を片付けられない人じゃない可能性が!?

あなたのお部屋は今どんな状況ですか?

机の上がぐちゃぐちゃでご飯が食べられない、床に衣類やゴミが散らかっている、足の踏み場もないほど物が散乱している…

お部屋を片付けられないと言っても、お部屋の散らかり具合は人それぞれです。

同じように、お部屋の散らかりを許せるor許せないの”許容範囲”も人それぞれなんですね。

例えば、リモコン類は大きさ順になるように机の上に置かないと許せない人、机や床の上に無駄な物が一切無い状態しか許せない几帳面な人がいます。

それとは逆に、机や床が少し散らかっていても全然気にならない人、本棚に本以外の物が収納してあるのが当然だと考える大雑把な人もいます。

人それぞれ『お部屋を片付けられない人』の定義が違う!

このように几帳面な人と大雑把な人で、『お部屋を片付けられない人』の定義が異なってきます。

そして、ここで問題が発生するとすれば次の3つのケースですね。

  1. 几帳面な性格なのにお部屋がちょっとでも散らかっている
  2. 大雑把な性格でも許せないほどお部屋が散らかっている
  3. 大雑把な性格だけどお部屋が完璧に片付けられていないとダメだと思い込んでいる

この3つに該当する方が自分のことを『お部屋を片付けられない人』というレッテルを貼ってしまいます。

上の2つのケースは、その人が許せる散らかり具合の許容範囲を超えていることが問題になります。これは単純でわかりやすいですよね。

3つ目のケースは思い込みが問題となります。

テレビや雑誌、SNSなどで完璧に片付いたお部屋を見て「このレベルで片付けないとダメなんだ…」と思い込んでしまうんですね。

このように本当は本人にとっては十分に片付けられているにもかかわらず、自分のことを片付けられない人と思い込んでいるケースもあります。

お部屋を片付けられない人になったのはあなたの責任ではないかも?

先ほどの3つ目のケースの思い込みが原因のように、お部屋を片付けられないのが本人の責任ではなく外部的なことが要因になっていることが多いんです。

例えば、次に該当する要因はどれも外部的なことが原因になっています。

  • 仕事が忙しくてお部屋を片付ける時間がない
  • 病気が原因でお部屋を片付けられない
  • 自治体のゴミ分別が細かすぎて処分が困難になっている
  • 粗大ゴミ処理の手続きが複雑で実行しにくい

仕事が忙しくてお部屋を片付けられない人

早朝にお家を出て夜遅くまで仕事をしている。このような方に「きちんとお部屋を片付けろ!」なんて言えるわけがありません。

本人だってお部屋を片付けなければいけないのは重々承知しているはずです。しかし、体力的・時間的にお部屋を片付けられないんですよね。

そうかと言って仕事を早く切り上げることも難しく途方に暮れているわけです。

病気が原因でお部屋を片付けられない人

病気が原因で片付けが困難になっている人も少なくありません。

強迫的ホーディング・うつ病・アルツハイマー病・統合失調症・ADHD(注意欠如・多動症)などの病気になると、お部屋を片付けられなくなります。

これは本人の努力だけで改善することは難しく、治療を続けながらお部屋を片付ける工夫をしなければいけません。

家族や知人の助けを借りたり、業者の片付けサービスを利用しながらお部屋を片付ける必要があります。

自治体のゴミ分別が細かすぎて片付けられない人

環境への負担を減らすためであったり、自治体のゴミ処理にかかる費用を抑えるためにゴミ分別が細かくなっている自治体があります。

他にも、地域指定のゴミ袋を購入してゴミを出す必要があったり、ちょっとでもゴミ分別が間違っていると回収されない、などゴミ分別に神経質にならないといけないという困った事情があるんですよね。

このような地域にお住まいの方は、ゴミ分別の規制が緩い地域の方に比べるとお部屋の片付けが難しくなる傾向になります。

粗大ゴミの処分に戸惑って片付けられない人

粗大ゴミの処理ができなくて、お部屋のスペースが狭くなっているとお困りの方もいるでしょう。

多くの地域では1辺30cm以上のゴミが粗大ゴミに該当します。

粗大ゴミをゴミ集積所に出せる地域もありますが、一般的には「自治体に連絡→粗大ゴミ処理シールを購入→シールを貼り付けてお家の前などに出す」という手順を踏まなければいけません。

このような面倒な手続きが必要なので、粗大ゴミをいつまでもお部屋の中に放置してしまう方が多くなっています。

お部屋を片付けられない人を克服するための切り札とは?

お部屋を片付けられない人を克服するための切り札とは?

お部屋を片付けられない原因は外部的な要因が大きな割合を占めることがわかったと思います。

しかし、外部的な要因の責任にしてもあなたのお部屋が片付くことはありません。

お部屋を片付けられないのはあなたの責任ではありませんが、現状のままだとその部屋で生活をするあなた自身が困ってしまいますよね。

そこで、あなたに頼りにしてみて欲しいサービスがあります。

それは『片付け業者のサービス』です。

片付け業者のサービスを利用することで、家族や知人に頼ることなくお部屋を片付けることができます。

もし、あなたが女性で一人暮らしをされているなら、女性スタッフの派遣も可能な業者を選ぶと安心ですよ!

他にも、お部屋の片付け業者のサービスを利用するメリットは沢山あります。

  • 不用品の運搬から処分まですべて任せられる
  • 分別されていないゴミ・粗大ゴミの回収も可能
  • 必要な物と不用品の仕分けが可能
  • 深夜でも早朝でもサービスを利用できる

このように片付け業者のサービスを利用することで、お部屋が数時間〜1日のうちにキレイに片付いてしまうんです。

お部屋を片付けられるようになるには最初の一歩を踏み出すことが難しいですが、片付け業者に頼ってみることで一気に綺麗な状態まで片付けてくれます。

そして一度完璧にお部屋を片付けてしまえば、あとはその状態をキープするだけでいいですよね。

現状維持さえできればお部屋が散らかることはありませんし、大掛かりな掃除をする必要もありません。

さらには、お部屋がスッキリ片付いたことがきっかけになって『お部屋を片付けられない人』を克服できる可能性だって十分にありますよね!

もし、お部屋を片付ける時間がない、ゴミの分別が難しい、粗大ゴミが邪魔でお部屋が狭くなっているなどの悩みがあれば、片付け業者のサービスを検討してみてください。

2020/04/07 02:16(火) 現在「お客様が選んだNo.1業者」